今回も日銀会合に向けて相場がピークとなるパターンが繰り返されるのか? それとも‥‥

今日の日経平均は、+281円の16664円と4日ぶりに反発。

売買代金は、前日よりも増加して2.5兆円台でした。

本日は16526円で寄り付き、前日より上昇してスタートしました。

その後、寄り時点でつけた16526円が日中安値となり、以降は上昇する展開に。

後場寄り後の12時30分には前日比で400円以上高い16821円まで上昇しました。

そこからは戻りを売りに押される展開となり、引けは281円高で取引を終えました。



追加緩和期待は継続し、強い地合いは継続

昨日下落したこと日経平均は、16535~16612円まで、2回目のマドを空けていました。

1回目のマドは、早々にマドを埋める形となったのですが、2回目のマド空きはどうなるのか? という事を昨日の記事「日経平均は3日続落だが、動きが出るとしたらやはり日銀会合明け後となるか?」で書いたのですが、

今日は16821円まで上昇したので、1回目と同様にあっさりとマドを埋める形となりました。

早々にマド埋め達成となるのは、相場の地合いが強い現れだと思います。

やはり、日銀会合を控えて、ここから大きく売られる展開にはなかなかなりづらいので、日銀会合まで戻り高値圏で一進一退となるように思われます。

なお、今回の日銀会合では、追加緩和ありと事前に予想するエコノミストが8割程度いる模様です。

追加緩和予想が8割という水準は、過去1年間の日銀会合の中では最も高い水準のようです。

さすがに今回の日銀会合では、何らかの形で追加緩和を打ってくると思われるのですが、

事前の期待感が高すぎるので、よほど思い切った事をやらない限り、追加緩和実施=材料出尽くしとなって下落、となる可能性はそれなりに高いように思われます。

今年に入ってからの日銀会合では、先月の6月を除き、日銀会合に向けて相場が上がり、結果発表を受けてその後下落に転じるというパターンが繰り返されています。

今回もそのパターンとなるのでしょうか?

それとも黒田総裁は、事前予想を超えるサプライズを狙ってくるのでしょうか?

注目の結果発表まであと2日です。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする