日経平均は反発だが、やはり、今年の秋相場は注意が必要な感じがする

日経平均 20160819

今日の日経平均は+59円の16546円と反発。

売買代金は、前日よりも減少して2.0兆円台でした。

今週の日経平均は、火曜日下落、水曜日上昇、木曜日下落、金曜日反発と、下げと上げが交互に続く動きでした。

ただ、8/12に16943円の高値をつけてから、徐々に下値を切り下げる動きになっている感じがします。

なお、直近の日経平均の安値はブレグジットショックの時につけた14864(6/24)になるのですが、そこからの動きを細分化すると次のようになると思います。

スポンサーリンク

波動的には14864(6/24)からの戻りは16943(8/12)で終わった可能性も

1波(上げ) : 14864(6/24) ⇒ 15805(7/4)

2波(下げ) : 15805(7/4) ⇒ 15106(7/8)

3波(上げ) : 15106(7/8) ⇒ 16938(7/21)

4波(下げ) : 16938(7/21) ⇒ 15921(8/4)

5波(上げ) : 15921(8/4) ⇒ 16943(8/12) ?

一応、14864(6/24)からの上げは、上記の通り、5つの波にカウントできるのですが、

この上げは上昇波に転じての上げではなく、下げ過程の中の戻りだと見ているので、以下の通り、3波でカウントするのが正しいのではないかと考えます。

1波(上げ) : 14864(6/24) ⇒ 15805(7/4)

2波(下げ) : 15805(7/4) ⇒ 15106(7/8)

3波(上げ) : 15106(7/8) ⇒ 16943(8/12) ?

なお、16943(8/12)の戻り高値をつけてから動きが鈍くなっている点と、

16938(7/21)と16943(8/12)でダブルトップをつけた感じになっているように見える点などから動きすると、14864(6/24)からの戻りは16943(8/12)で終了したような感じもします。

現状、一目均衡表の遅行線は、まだ陰転とはなっていないのですが、遅行線が26日前の日足の水準に接近しつつあり、間もなく陰転となりそうな気配もあります。

この先、遅行線が陰転入りすると、14864(6/24)からの戻りが終了したという見方が濃厚になってくると思います。

なお、当該戻りが終了となると、この先の下げで14864(6/24)の安値を割れる動きになると見ております。

8/17の記事「年間で荒れやすい秋が接近しつつあるが、今年の秋相場は安泰か? それとも波乱含みの展開か?」で書いたように、秋口は株が下がりやすい傾向があります。

秋口に必ず下げるというわけではないのですが、暫く続いている戻りが頭打ちとなりつつある中で、下げ警戒が必要な秋口が近づいてるという点等から考えると、やはり、今年の秋相場は注意が必要ではないかと考えられます。

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする