NY安を受けて日経平均もマドを空けて下落。ここから戻り基調の巻き戻しとなるのか?

日経平均 日足

今日の日経平均は▲292円の16672円と反落。

売買代金は、前日よりも減少して1.7兆円台と2兆円割れでした。

本日の日経平均は、16748円で寄り付いた後、9時43分に16802円まで戻しました。

しかし、そこが日中の高値で、以降は下落する展開となり、最終的には300円近く下落してクローズするかたちとなりました。

なお、先週金曜日の日経平均の安値が16902円であったのに対して、今日の日中高値は16802円だったので、本日は前日より100円程度マドを空けて下げるかたちとなりました。

TOPIXも、先週金曜日の安値が1340であったのに対して、今日の日中高値は1329だったので、日経平均と同様にマドを空けて下落する動きとなっています。



今日は寄りでショート(空売り)してみた

今日マド空けでの下げとなったのは日本株だけではありませんでした。

日中では香港のハンセン指数の他、上海総合指数もマド空けとなっています。

夜間に入ってからはドイツのDAX指数がマドを空けて下げてスタートしています。

今のところ、先週金曜日のNY市場の下げが広範囲にわたって影響を及ぼし、世界の主要な株式市場においてマドを空けて下落するという動きが起こっています。

9/10の記事「利上げ前倒し懸念でNY市場は急落。ここからは警戒レベルを上げる局面に」で、「ここから先は警戒レベルを上げた方が良いと考えます」と書いたのですが、

ここまでの動きを見る限り、やはりここまで続いてきた戻り基調に変化が生じているのではないかと思われます。

仮に上記の見方が正しく、戻り基調に変化が生じているとした場合、8/21の記事「 波乱が予想される秋相場を踏まえて、今後の日経平均の予想を改めて整理してみた 」で書いたように、ここからは第4波の修正波の中の3段目の下げをやってくるのではないかと考えます。

その場合、ここから戻り基調の巻き戻しとなり、ブレグジットショックの際につけた安値14864(6/24)割れを目指す展開になると見ているのですが、果たしてどうなるでしょうか?

なお、今日は寄りでショート(空売り)をしてみました。

その他、明日、明後日は出張で帰りが遅くなるかもしれないので、更新が飛んでしまうかもしれません。

飛んでしまったら、ごめんなさいなのですが、一応、ご了承ください。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする