ドル円は従来からの上値ラインに到達し、転換候補の日柄も接近してきている

日経平均 日足

今日の日経平均は+136円の16735円と続伸。

売買代金は、前日より増加して1.7兆円台でした。

昨日のNY市場は下落だったのですが、本日は16661円で寄り付き、上昇してスタートしました。

その後も終始高い水準での動きが続き、最終的には続伸で取引を終えました。

先週の火曜日から上げと下げが交互に繰り返す動きが続いていたのですが、今日は続伸となったので、ここまでのパターン通りの動きとはなりませんでした。

今日の日経平均の200日線は、16745円でした。

それに対して、引けは16735円だったので、その差は10円のところまで接近してきました。

スポンサーリンク

ドル円はこれまでの上値抵抗だった75日線の水準を一時超える

今日はドル円も上昇で、夜間に入ってから一時102円60銭をつけるところまで上げてきています。

ドル円については、これまで75日線が上値抵抗だったのですが、今日の段階で同線は102円40銭程度なので、それを少し超える水準まで上げているという事になります。

ドル円は今年に入ってから、ここまで1/29、5/30、7/21、9/2と、過去に4回、75日線を一時超える動きとなったのですが、過去4回の時はいずれも同線を超えたタイミングが戻りのピークとなり、以降、失速するという動きが続いてきました。

その面では、ここからの動きは、今後の方向性を占う上で大事なポイントになるように思われます。

今回も、過去4回の時と同様に、一時的に75日線を上抜き、そこから失速するという展開になるのでしょうか?

それとも、今回は過去の繰り返しとはならず、抵抗線を突破して上昇する展開となるのでしょうか?

なお、10/2の記事「レンジ抜けのタイミングが徐々に近づきつつあるような感じ。10月相場は注意が必要では?」で、9/22から10日前後経過するタイミングをドル円の転換候補の一つの日柄として記載しました。

9/22から経過日柄は、今日の時点で9日目となるので、10日経過するタイミングというのは明日になります。

ドル円は、転換候補となる日柄が接近しつつある中で、従来からの上値ラインの水準に到達してきています。

ここからどう動いてくるのか、注目ではないかと考えます。

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする