日経平均は17,000円台を回復し、ドル円も上昇だが、まだ従来の見方を変えるところまで来ていない

日経平均

今日の日経平均は+164円の17024円と反発し、引け値ベースで17,000円台に乗せてきました。

売買代金は、前日より増加して1.8兆円台でした。

前日のNY市場が高かった事を受け、本日は16936円で寄り付いてスタートしました。

その後も終始高い動きが続き、164円高で取引を終えました。

なお、今日の日中安値が9時1分につけた16931円だったのに対して、先週金曜日の高値が16895円だったので、36円マドを空けて上げる形となりました。

ただ、日経平均の上昇率は+0.98%だったのですが、TOPIXの同率は+0.42%だったので、本日は一応上げる事に上げたのですが、やや歪な感じがするかたちの上昇ではありました。

スポンサーリンク

ポンド円の動きは気になるところ

昨日のNY市場も上昇し、日経平均についても17000円台まで回復。

ドル円も一時104円をつけるところまで上げてきているので、これらの点をみると、上げ優位の展開のようにも見えます。

ただ、NYダウについては、昨日18399まで上げたものの、従来から節目として見てきた18449(9/22)まで届いておらず、レンジの上限抜けとはまだなっていません。

また、ドル円についても、ドル高となったものの、10/6につけた104円15円近辺までは届いておらず、また、これも従来から節目として見てきた9/2につけた104円30銭近辺も抜けてきていません。

よって、レンジを上に抜けてきそうな感じはするのですが、まだ上に抜けてくると判断できる材料が揃っていません。

なお、為替については、ドル円は堅調なのですが、先週金曜日に一時急落する動きとなってから、ポンド円の動きが芳しくありません。

ポンド円の動きは、先週金曜日に一時急落してから切り返す動きとなったのですが、そこから戻り切れず、やや軟調な動きとなっています。

この動き方を見る限り、ポンド円が下値を模索する動きはまだ継続しそうな感じで、先々ドル円もその動きに引っ張られて軟化する可能性があるような感じもします。

以上のような点から、全般的にはまだレンジ圏内の中の動きにあり、トレンド転換となる可能性には注意、とする従来からの見方は変わらず、となります。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする