11/14に建てた買い玉は手仕舞い

日経平均

今日の日経平均は、+104円の17967円と3日続伸。

売買代金は、前日よりも増加して2.7兆円台でした。

本日は18024円で寄り付き、前日よりも160円程度高い水準でスタートしました。

その後、9時9分に18043円まで上げた後は、伸び悩む動きとなりました。

今日は18000円を挟んで上下する動きがかなり長く続いたのですが、引けにかけて上げ幅を縮める動きとなり、最終的には日中の安値でクローズしました。

なお、今日の日中安値が17967円だったのに対して、昨日の高値が17884円だったので、前日よりも80円程度マドを空けて上げるかたちとなりました。

スポンサーリンク

一旦利益確定し、様子見

今日は寄り直後は高かったのですが、買いが続かず、上値が重そうな感じの動き方でした。

昨日の記事「最短でみた場合、来週あたりに一旦戻りがピークとなる、というシナリオも考えられなくはない」では、最短で見た場合、来週あたりまで戻りが続くのではないかと考えていました。

ただ、以下のような点から、11/14に建てた買いの建玉(※)は今日の段階で手仕舞いとし、利益確定しました。

①日経平均は18000円台、ドル円は110円台と、それぞれ節目となる水準を超えてきた

②今日の動きは、高寄り後伸び悩んでいたので、日経平均、TOPIXともに、高値圏でマド空けの陰線引けとなる可能性があった

③日経平均は11/9に16111円の安値をつけて以降、わずか7日間で2,000円程度上げてきており、スピード警戒が出てきた

(※)11/14の記事ご参照 「日経平均は3日続伸で、更に高値を更新。次の節目は半値戻しの17900円前後となるか

なお、トランプラリーがまだ続き、ここから更に上値が伸びる可能性もあると思います。

しかし、期待感で上げ続けるのにも限界がありますし(具体的にどう動いてくるのか、まだ明確になっていない)、利上げ確実と見られているFOMCも来月に迫ってきているので、取りあえず一旦身を引いて様子を見るのが得策ではないかと考え、手仕舞う事としました。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする