日経平均は6日続伸。上げ上げ相場の流れは、もうどうにも止まらない

今日の日経平均は、+170円の18333円と6日続伸。

売買代金は、前日よりも増加して2.6兆円台でした。

本日は休み中の円安進行等を背景に18329円と、高寄りしてスタートしました。

その後の安値は9時33分につけた18310円で、同高値は12時41分につけた18382円だったので、今日は続伸で強い動きだったのですが、日中の値幅は72円と、動きに欠ける展開でした。

なお、休み前の火曜日の日中高値18175円に対して、今日の日中安値は18310円だったので、前日よりも130円程度マドを空けて上がるかたちとなりました。

それにしても強い動きが続きます。

今日で続伸は6日目で、日経平均は18300円台まで上げています。

ドル円の上げも続き、夜間に入ってから一時113円半ばをつけるところまで上昇し、それに伴い日経平均先物も一時18470円の高値をつけるところまで上げています。

一体、この上げはどこまで続くのでしょうか。

♪ せーんろは続くーよ、どーこまでもー。

とあるように、線路はどこまでも続くのかもしれないのですが、相場はどこまでも上がり続けるものではありません。(当たり前の話ですが)

永遠に上がり続ける相場はないので、どこかで上げは止まるのですが、今のところ、それが止まりそうな兆しは見えません。



次の節目は18626円だが、そこまでの戻りはあるのか?

日経平均は、2015年6月24日につけた20952円の高値から、2016年6月24日の安値14864円まで、6088円下落しているのですが、下落幅を元にした、戻りの節目は次のようなポイントになります。

①下落幅に対する38.1%戻し = 17183円(達成済み)

②下落幅に対する50.0%戻し = 17908円(達成済み)

③下落幅に対する61.8%戻し = 18626円

上記①~③のうち、①、②は達成済みなので、次の節目は③の18626円になります。

当初は、ここまでの戻りはないと思っていたのですが、今日の日中高値18382円から上記③まで、あと250円程度のところまで来ているので、今の感じからすると、そこまで行ってしまいそうな感じはします。

なお、11/21の記事「やはり今週の中で、戻り一服となる可能性は高いのではないか」で書いたように、今週あたりに戻りが一服となるのではないかと考えているのですが、今の感じからすると、これもちょっと怪しいのかもしれません。

ここまでの動き方は、短期的にはやはり行きすぎとなっていると思うのですが、勢いがつくと止まらなくなるのが相場の常なので、こういう時に、ここが天井だろうと自分で勝手に判断してショート(空売り)をかけたりするのは結構危険です。

いずれ勢いよく上げてきた流れに変化が出てくると思うので、今は11/22の記事「止まる兆しが見えないトランプラリーだが、ここからは変化の兆しが出てくるのを見極めていくところ」で書いたように、変化の兆しが出てくるのを見極めていくところになると考えます。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする