日経平均は反発で戻り高値更新。依然として買い気が衰える気配は見えず

日経平均チャート

今日の日経平均は、+102円の19494円と反発。

売買代金は、前日よりも増加して2.3兆円台でした。

本日は19367円で寄り付き、昨日に引き続き前日よりも下落してスタートしました。

しかし寄り直後に19356円の日中安値をつけた後は切り返す動きとなり、13時59分には19511円まで上昇し、高値圏で取引を終えるかたちとなりました。

日経平均は19511円まで上げたことで、12/16につけた戻り高値19439円を更新してきました。

ただ、今日はTOPIXよりも日経平均優位の展開だったため、TOPIXの日中の高値は1553までで、12/16につけた1555の高値は抜けずという展開でした。

スポンサーリンク

いずれ三空でのマド空けとなった水準までの下げはあると思われるが‥‥

ここ2日間ほど冴えない動きだったドル円が今日は反転してきている事もあり、夜間に入ってからも日経平均先物の動きは堅調で、一時19610円をつけるとこまで上げてきているので、この感じで行くと明日もまた高値更新となりそうな感じです。

日経平均は今日、19511円まで上げたことで、20952(2015年6月24日)から14864(2016年6月24日)までの下げ幅▲6088円に対する戻り率は76%を超えてきました。

なお、14864(2016年6月24日)から17473(11月1日)までが上げの1波と見られるのですが、この上げ幅2609円の1.381倍は3603円となります。

2波目の上げのスタートは16111(11月9日)からとなるのですが、そこから3603円上げた地点は19714円となるので、次の戻りの節はこのあたりかと思います。

なお、19714円というのは、▲6088円の下げ幅に対する戻り率が79%に近い水準となります。

今のように戻りに勢いがついてしまうと、どこまで戻るのか、予想するのは難しいのですが、12/7~12にかけて三空(3営業日続けてマドを空けること)を出しているので、戻りがピークをつければ、三空でマド空けとなった水準(※)まで下げる展開は、いずれあるのではないかと考えます。

(※)18502~19054円

スポンサーリンク

100年に1度の投資チャンスが来た!  ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!  手にとるようにわかる本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする