12/1から12/5以来の続落となるが、高値圏でのもみ合いで特段変化は見れず

日経平均チャート

今日の日経平均は、▲16円の19427円と続落。

売買代金は、前日よりも減少して2.1兆円台でした。

本日は昨日のNY市場が下落したことなどもあり、昨日に続いて前日よりも安く寄り付いて始まりました。

その後、9時22分に19327円まで下落し、100円弱安くなる場面もありました。

ただ、それ以上の下値はなく、引けにかけて戻る展開となり、日中の高値で取引を終えました。

今日の日経平均は続落だったので、18746(12/1)から18227(12/5)まで下げた時以来の続落となりました。

ただ、続落したとは言え、直近の高値19592(12/21)から19327(12/22)までの下げで下落幅は265円なので、18746(12/1)から18227(12/5)まで519円下げた時よりも下げ幅は小さく、依然として高値圏を維持しているという点では変わらずです。

スポンサーリンク

昨年の場合は大納会は高く、年明けに急落となったが、今年はどうなるか?

日本市場は明日お休みなので、今晩と明日のNY市場がどう動くのかという事になるのですが、NYダウは12/20に19987の高値をつけているので、2万ドルの大台まであとわずか13ドル程度に迫ってきています。

今の地合いからすると、2万ドルの大台を目前にして足踏みし、その後、2万ドル超えとなりそうな感じがします。

なお、NYダウが2万ドル超えとなってくれば、日経平均も直近の高値19592(12/21)を抜けてくる展開になると思われるのですが、日経平均は12/8~12にかけて三空での上げ(3営業日連続してマドを空けて上昇すること)を示現しています。

12/12の記事「相場格言「三空踏み上げには売り向かえ」は、売りなのか、それとも買いなのか?」で書いたように、

2007年6月14日~18日にかけて三空での上げが示現した時は、13日後の7月5日で天井をつけています。

このパターンが今回も当てはまるかどうかはわかりませんが、三空での上げが示現した12/12から13日後というのは大納会の12/30となります。

なお、昨年の場合は、12/15に安値をつけた後暫くもみ合いとなり、大納会の12/30は高かったのですが、年が明けてからは急落となりました。

これもまた同じパターンが続くかどうかはわかりませんが、一応、過去のパターンではそういう動きもあった、という事は念頭に入れておいても良いのではないかと思います。

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする