そろそろレンジ相場は終わってもおかしくないように思われるが‥‥

日経平均チャート

今日も為替の円高傾向に足を引っ張られる展開でした。

日経平均は昨日とほぼ同値の19379円で寄り付いた後、下落する流れとなり、一時は110円程度安い19262円まで値を下げました。

しかしそこからは引けにかけて下げ幅を縮める動きとなり、結局引けは▲8円の19371円となりました。

昨日は高く寄り付いた後、下げとなり、引けにかけて戻す動きとなったのですが、今日も動き方は似たような感じでした。

なお、売買代金は2.0兆円台で、昨日よりは多少減少したのですが、2兆円の大台はかろうじて維持するかたちになりました。

日経平均は高値圏に位置しているのですが、為替が今一つはっきりしない動きであることもあり、なかなか上に抜けてくる事ができません。



明日(場合によっては今日)の安値で切り返しに転じる事ができるのか?

日経平均は19615(1/5)に高値をつけてから、それ以降、ここまで下げと上げを繰り返してきています。

それをブレイクダウンしてみると、次のような感じになるかと思います。

①(下げ) 19615(1/5)  ⇒ 18650(1/18) 日柄9日(両端入れ)

②(上げ) 18650(1/18) ⇒ 19486(1/27) 日柄8日

③(下げ) 19486(1/27) ⇒ 18805(2/7)  日柄8日

④(上げ) 18805(2/7)   ⇒  19519(2/13)  日柄5日

⑤(下げ) 19519(2/13) ⇒ 19115(2/20)  日柄6日

⑥(上げ) 19115(2/20) ⇒ 19419(2/22)  日柄3日

⑦(下げ) 19419(2/22) ⇒ 現在進行中 ? 

今は、上げと下げが繰り返す波動で、7つ目の波をやっているところではないかと思います。

なお、①~⑦までの波を見ますと、日柄の間隔が徐々に狭まってきています。

今は⑦の波で、19419(2/22)から下がる動きになっているのではないかと思うのですが、仮に⑥の日柄(3日)と同じ間隔で⑦の波が反転するとなると、19419(2/22)から両端入れで3日目となるのは2/24(明日)となります。

というわけで、明日(場合によっては今日)の安値で切り返しに転じる事ができるのか、という点が目先、注目される点になるのではないかと考えます。

なお、ここで反転となれば、いい加減、下げと上げを繰り返す動きは終わり、そろそろ新たな波動(上げの波動)に移行してきてもおかしくないと思うのですが‥‥。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする