日経平均は反落で上げ加速とはならずだが、ここから2万円超えの方向へ向かうという見方は変わらず

日経平均チャート

昨日の日経平均はマドを空けて上昇し、19668円まで上げて高値更新となりました。

しかし、今日は4日続伸とはならず、反落でした。

▲95円の19469円で引け、売買代金は2.1兆円台と、昨日よりも減少しました。

昨日の上昇で日経平均は、19615(1/5)と19519(2/13)を結んだラインを上に抜けてきました。

このため、昨日の記事「日経平均は寄付きから年初の高値を超えてくる。レンジ抜けでここから上げ加速の展開となるか」では、

「ここから上放れの展開になるのではないかと想定します」と書いたのですが、今日は昨日の上げの勢いを持続できずに反落となりました。

2か月近く抜けられなかった高値ラインを上に抜けてきたので、ここから上げ加速となってもおかしくなかったと思うのですが、

①昨日の日足が、高寄り後に上げ幅を縮める陰線形状だった

②一昨日のNY市場の上げが大きかった

という事もあり、本日は一旦下落となったのではないかと考えます。

スポンサーリンク

今の動き方は、NYダウが2万ドルの大台を抜けた後の動き方のイメージに近いのではないか?

今日の日経平均の日中安値は19392円まであったので、本日の下げで一昨日から昨日にかけて空けたマド(19414~19564円)を埋めるかたちとなりました。

本日下げとはなったのですが、ここから上方向(※)を目指すという見方は変わらずです。

なお、今の動き方は、NYダウが2万ドルの大台を抜けた後の動き方のイメージに近いのではないかと考えます。

NYダウは、12月半ばから1ヶ月程度、2万ドルの大台を前にレンジ相場を続けていたのですが、1/25にレンジを上抜け。

しかし、そこから上げの勢いは続かずに、すぐに反落。

が、反落となったのは2日だけで、そこからすぐに切り返し、3/1には2万1千ドルを超える水準まで上昇となりました。

イメージとしてはこれと近い動き方になるのではないかと想定しますので、日経平均は高値抜け後に一旦下押しとなってはいるのですが、比較的早いタイミングで切り返し、再度高値更新となってくるのではないかと考えます。

(※)2/5の記事「 日経平均はここから第5波の上昇へ移行し、21,000~22,000円を目指す方向となるか 」で書いたように、現状はこの先、上方向へ動く動き方を想定しています。

日経平均が上昇すると考えた場合、従来は大阪取引所に上場している日経平均先物を買うというスタンスになったのですが、今は以下の記事でも書いたように、日経平均先物を買うならば、くりっく株365で買った方が良いと考えています。

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする