日経平均は続落。高値抜けに向けて動く前の、微調整での押しを入れている局面か?

今日の日経平均は、為替がやや円高方向に振れた事もあり、▲90円の19379円と続落でした。

本日の日中安値は19340円まであったので、先週金曜日の安値19392円も下回ってきました。

売買代金も1.7兆円台で、2兆円割れ。

全般的には今日は冴えない動きの1日でした。

ただ、先週木曜日のマド空けでの上昇で、前日までは5日線とのかい離が生じている状態だったのですが、本日日経平均が19379円まで下げたことで、5日線(※)が日足水準に追いついてくるかたちになりました。

(※)本日の段階で、19385円。

スポンサーリンク

ドル円も反転後に、微調整での押しを一旦入れている局面か?

先週木曜日の3/2に日経平均は19668円まで上げ、1/5につけた19615円の高値を約2か月ぶりに上抜けしてきました。

そこから先週金曜日と本日の下げで、2日続落となっています。

ただ、レンジ上限を先週木曜日に一旦上に抜けてきているので、今日の段階で2日続落になってはいるものの、ここから方向的には上に向かうのではないかと思います。

なお、日経平均が上方向へ向かうのを妨げているのは為替の動きになるのですが、ドル円は2/28に111円60~70銭まで下げた後、

2/7につけた111円50~60銭を割れずに反転してきています。

これにより、12/15につけた118円60~70銭の高値からの円高調整は終わったと見ているので、今は2/28の111円60~70銭から反発した後で微調整での押しを入れている局面になるのではないかと思います。

なお、ドル円が微調整での押しを入れた後、反転してくると思うのですが、日経平均もそのタイミングに合わせて再度高値更新に向けた動き方になってくるのではないかと考えます。

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする