レンジ相場はまだ継続で、方向感に欠ける動きが続くが‥‥

日経平均は▲34円の19344円で引け、小幅ながら下落で3日続落となりました。

日中の値幅は高値が19375円に対して安値が19317円だったので、上下の幅は57円と、方向感が見えない1日でした。

売買代金も前日よりも増えて1.9兆円台だったのですが、2兆円の大台には届かずでした。

なお、今日の日経平均の日中安値は19317円まであったので、昨日の同安値19340円よりも下に行きました。

ただ、TOPIXは日中安値が1552であったのに対して、昨日の安値は1550だったので、日経平均は安値割れとなったのですが、TOPIXは安値割れとはなりませんでした。

終値も日経平均は▲34円とマイナスとなったのですが、TOPIXは+0.14と小幅ながらもプラスだったので、今日はTOPIX優位の1日ではありました。

スポンサーリンク

2/27の18995円の安値から、4日反発して3/2の19968円の高値をつけ、そこから4日下げるという動きになっているので、次は反発してくる?

日経平均は3/2に19968円の高値をつけてから3日続落となりました。

19968円の高値をつけたところでレンジ抜けとなったと思ったのですが、レンジ抜けとなっていれば、ここまで下落が続くことはないと思うので、ここまでの動きを見る限りではまだレンジ相場が未だに続いているという事になるのかと思います。

なお、ここまでの直近の動きを見ますと、次の通りになっています。

2/27に18995円の安値をつけてから、3/2の19968円の高値まで反発。

この間の日柄は4日(両端入れ)。

そして、3/2の19968円の高値から、今日の安値19317円まで下落。

この間の日柄も、両端入れで4日となっています。

このように、直近では反発と下落の日柄が同程度に並び、また、日中の値幅が昨日は71円、そして今日は57円と、値動きがない取引が2日続いています。

これらの点からすると、ここから今度は切り返しの動きになってもおかしくないと思うのですが‥‥。

はたして明日以降、どう動いてくるでしょうか?

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする