日経平均は来週以降、5波目の上げ波動に移行する可能性があるのでは?

日経平均チャート

注目されたオバマケア代替法案は、下院本会議での採決を見送り、撤回となりました。

これを受けたNY市場は、NYダウが一時20529ドルまで下がり、下げ幅は120ドルを超えました。

しかし、そこからは下げ幅を縮める展開となり、引けは▲59ドルの20596ドルでクローズとなりました。

主要三指数の騰落率を見ますと、NYダウが▲0.28%、sp500が▲0.08%、ナスダックは+0.19%となっています。

また、ニューヨーク証券取引所の騰落銘柄数で見た場合、上げ銘柄と下げ銘柄の比率は1.07対1だったので、上げ銘柄が下げ銘柄を上回るという結果でした。

ドル円も一時は円高方向に振れたのですが、こちらも引けにかけて切り返し、結局前日よりもドル高水準で引け、久しぶりに陽線での引けとなっています。

オバマケア代替は結果として法案撤回という形になったので、マーケットに大きな衝撃が走るかと思っていました。

しかし、同法案が撤回されたことで、今後、特に税制改革などの推進に弾みがつくという見方が支えとなり、結果として、それほどネガティブな反応は見られませんでした。

スポンサーリンク

一昨日の18973(3/23)で、年初から続いたレンジ相場が終わった可能性も

さて、注目していた昨日のNY市場でそれほど大きな反応はなかったことで、日経平均は恐らく来週あたりから上げる方向に向かうのではないかと考えます。

3/22の記事「日経平均は▲414円と急落だが、年初から続くレンジ相場の中の動きという見方は変わらず」でも書いてきたように、日経平均は年初の19615(1/5)に高値をつけてから、横ばいでのレンジ相場が続いていると見ています。

このレンジ相場は、上昇5波動の中で4波目の動きになると見ているのですが、昨日のNY市場でそれほどネガティブな反応がなかった事から、4波目は一昨日の18973(3/23)で終わった可能性も出てきたと考えています。

なお、5波目の上げの波動に移行した場合の日経平均の上値は、2/5の記事「 日経平均はここから第5波の上昇へ移行し、21,000~22,000円を目指す方向となるか 」で書いたように、21,000~22,000円あたりを想定しています。

その他、日経平均が上昇すると考えた場合、従来は大阪取引所に上場している日経平均先物を買うというケースが多かったのですが、今は以下の記事でも書いたように、日経平均先物を買うならば、くりっく株365で買った方が良いと考えています。

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする