連休明けの日経平均は大幅続伸。このままいくと久しぶりにゴールデンクロスが示現する形になる

日経平均チャート

連休明けの東京市場は大幅続伸となりました。

日経平均は19709円で寄り付き、本年の高値水準である19668(3/2)を抜けてスタートしました。

その後、ほぼ一本調子で上げる展開となり、引け際の14時54分には19929円まで上げ、最終的には450円高の19895円で引けとなりました。

なお、今日の日中安値は9時1分につけた19705円だったので、5/2の高値19464円と比べて240円程度マドを空けて上げる展開となりました。

ただ、日経平均は大幅に上昇となったのですが、ドル円は朝方に113円を超えて高値をつけた後、戻りに押されました。

フランス大統領選の決選投票で、マクロン氏勝利となったことで、材料出尽くしで売られたというかたちでした。

スポンサーリンク

売買代金は3兆円超えで、商いを伴って高値抜けの動きとなる

日経平均は今日、450円高と大きく上げてきたので、5日線(今日の段階で19420円)と470円程度開きが出てきました。

2万円の大台近くまで上昇し、19144(5/1)から3日続伸で800円近く上げ、5日線とのかい離もやや開いてきているので、この辺りで5日線が追いついてくるのを待つ展開になるのではないでしょうか。

なお、仮にこの近辺で一旦小休止となった場合、押し目を拾うのもありではないかと考えます。

今日は売買代金が3.4兆円台となり、商いを伴って高値抜けとなっています。

また、現状では25日線(今日の段階で18854円)が75日線(今日の段階で19116円)の下に位置しているのですが、一目均衡表の遅行線は既に陽転入りしているので、そう遠くない時期に25日線が75日線を下から上に抜けるゴールデンクロスが示現する形になると思われます。

前回ゴールデンクロスが示現したのは2016年8月12日になるのですが、その時日経平均は、間にトランプショックで大幅安となる場面もあったのですが、16919円から2017年1月5日の19615円まで大きく上昇しました。

ここから仮にゴールデンクロスが示現すると、9~10か月ぶりぐらいにそれが実現する形になりますので、暫くは相場の地合いが強い状態が続くのではないかと考えます。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする