円高の影響もあり、NYの上昇に日経平均は追随できず。しかし、方向感としてはここから2万円抜けを目指す方向となるのではないか

日経平均チャート

昨日のNY市場は3日続伸。

sp500は2395まで上げる場面があったので、ロシアゲート疑惑で急落した際に5/16~17にかけて空けたマド(2384~2396)をほぼ埋めてきました。

ただ、為替が円高方向に振れた事もあり、今日の日経平均は19647円で寄り付き、前日よりも安い水準でスタートしました。

そこから9時54分には19693円まで上げ、前日よりも高い水準に浮上する場面もあったのですが、長くは続かず、すぐにマイナス圏に。

午前中は値幅が100円に満たない水準にうろうろしていたのですが、引け際にかけて為替が円高方向に振れたため、下げ幅を拡大。

引け際の14時52分には19585円まで下落し、最終的には▲65円の19613円で日中の取引を終えました。



今日は引け際で買いを入れてみた

昨日のNY市場が3日続伸だったので、今日は上がるかと思ったのですが、為替の動きに足を引っ張られ、下げとなりました。

ただ、ここ最近の業績発表を受けて、日経平均のEPS(1株当たり利益)は上昇傾向にあり、今日の時点で1398.95円となり、1400円の大台を目前にする水準まで上げてきています。

PERも4月末時点の16倍程度から14.02倍まで低下してきているので、バリュ-エーションの面では割高感はないのかと思います。

また、チャート的にも25日線が75日線を上回るゴールデンクロスを5/19に示現しています。

NY市場もロシアゲート疑惑で急落した際につけた亀裂を早々に修復する動きとなっているので、全体的な動きとしては日経平均は19449(5/18)で安値をつけてそこから戻り方向に入ってきているのではないかと思われます。

今後の方向性としてはここから5/16につけた19998円抜けに向けた動きとなり、2万円超えを志向していくのではないかと考えます。

なお、今日は安くなる場面があったので、引け近くで買いを入れてみました。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする