スポンサーリンク
スポンサーリンク

9月相場は警戒という見方を以前からしてきたが‥‥

日経平均 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前日の米株式市場は、アップルなど主力IT関連株が売られ、NYダウが807ドル安と急落。

ナスダックも5%近い下落となりました。

これを受けて、リスクオフ姿勢が強まるなか、今日の東京市場は売り先行でスタート。

日経平均は23130円で寄り付き、330円程度下げて始まりました。

9時3分に23098円まで下げた後は戻す動きとなり、10時6分に23257円まで上げました。

その後は、上値は重く、後場に入り再び売り直されたものの、前場安値を割り込むような形にはならず、▲260円の23205円で終了。

日経平均は反落となりました。

売買代金は1.8兆円台で、今日も2兆円の大台には届かずでした。

スポンサーリンク

米国株は急落したが、今日の日本株は比較的落ち着いた動き

前日の米株式市場で、NYダウは▲2.78%、s&p500は▲3.51%、ナスダックは▲4.96%で、軒並み下落でした。

9/1の記事などで、ナスダックが過熱気味であることは書いてきたのですが、昨日は大きく下げてきました。

ナスダックの200日線との乖離は+26.5%まで拡がる
...

これをうけて今日の東京市場は下げて始まったのですが、大きく下げるという展開にはなりませんでした。

日経平均の下落率は▲1.11%、TOPIXの同率は▲0.90%だったので、米国株ほどの下げにはならず、日経平均の日中値幅も150円程度で、比較的落ち着いた動きだったのかと思われます。

ただ、今日、23205円で引けたことで、日経平均の200日線は、8/31に22018円を付けた後、下落に転じてきました。(今日の時点で22016円)

同線は、5/29に上げに転じてから約3か月ぶりに下げに転じてきているので、ここからの動きは注目されるところです。

なお、終値が200日線を割れ、同線が下げに転じてくると危険信号になるのですが、今のところ、終値は200日線よりも上なので、まだそこまではいかないかという感じです。

ただ、8/24の記事でも書いたように、9月相場は警戒という見方を以前からしてきているので、来週以降、どう動いてくるのか、注目されるところです。

要警戒とする見方はやや先送りだが、9月以降は警戒という見方は変わらず
...
クラウドバンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

シェアする
フォローする
相場の上にも20年