黒田総裁のヘリマネ否定発言で日経平均先物が一時急落。明日の日足でアイランドリバーサルの形状が出ると、戻り転換の第一シグナルが発生する可能性も

日経平均

今日の日経平均は、+128円の16810円と反発。

売買代金は、前日よりも減少して2.5兆円台でした。

本日は16855円で寄り付き、前日より上昇してスタートしました。

その後、10時5分には前日より250円程度高い、16938円まで上げ、日中の高値をつけました。

そこからは上げ失速の形となり、14時16分には前日比60円高程度の16740円まで上げ幅を縮小。

そして、再度引けにかけて戻る動きとなり、16810円で日中の取引を終えるかたちとなりました。

スポンサーリンク

日経平均が明日どう動いてくるのか? 要注目ではないか

朝方は経済対策の規模が10兆円から20兆円へ、規模のかさ上げがあるとのニュースを受けて高い水準で寄り付きました。

しかし、真水部分の歳出が3兆円超えとのことで、市場の期待を下回ったこともあり、上げ幅を縮小する動きとなりました。

なお、昨日の高値が16692円であるのに対して、今日の安値が16740円なので、今日は50円程度マドを空けての上昇となっており、日足の形状は小陰線となっています。

で、夜間に入ってから黒田総裁の「ヘリマネ、必要でも可能でもない」との発言が伝わると、ドル円は105円後半まで下落。

そして日経平均先物も一時300円以上下げ、16460円の安値をつける動きになっています。

その後はやや落ち着きを取り戻し、ドル円は106円前半、日経平均先物は16650円まで値を戻しています。

ただ、明日、日経平均が仮に16650円程度で寄り付き、そこが日中高値となって下落する形になると、

昨日の高値16692円から今日の安値16740円までマドを空けて上昇しているのに対して、

今日の安値16740円から明日の高値16650円までマドを空けて下落する、という形になります。

仮に明日の日足がこのような形になりますと、アイランドリバーサル(※)の形状になり、戻り転換の第一シグナルが発生する、という事になります。

明日の日経平均がどう動くのか、まだわかりませんが、どういう動き方をするのか、要注目ではないかと考えます。

(※)離れ小島のように見えるチャート形状で、トレンド転換のシグナルとなる場合がある

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする