日経平均は今日も高値更新となったので、やはりここまでの動きから変化が出てきている感じ

日経平均日足

今日の日経平均は+130円の17365円と続伸。

売買代金は、前日よりも増加して2.1兆円台でした。

本日は17298円で寄り付いた後、終始高い水準での動きとなりました。

昨日の日中高値が17244円に対して、今日の日中安値が寄りで付けた17298円なので、50円程度マドを空けて上昇という形になりました。

また、今日の高値は17381円まであったので、10/21につけた高値17288円も抜けてきました。

これで9/5につけた17156円の高値を抜けてから、高値抜けが3日目となりました。

昨日の記事「明日も高値抜けとなると、これまでのレンジ相場の動きとは動き方が異なってくる」で、明日も高値抜けとなるとこれまでの動き方に変化が出てきたという事になるので、14864(6/24)の安値からレンジ相場の動きが続いていると見るのは難しくなる、という事を書いたのですが、今日はそれをあっさり更新してきました。

スポンサーリンク

見方を変えるとすると、今は上げの3波目をやっているところ、ということになるか?

10/20の記事「日経平均、TOPIXともに高値抜けだが、ここまでの見方ではここら辺りが戻り限界という事になるのだが‥‥」で、来週あたりには見方ははっきりするのではないかと考えますと書いたのですが、ここまでの動きを見る限りでは、従来の見方が違っていたという事になりそうです。

うーん、何とも納得しがたい感じがするのですが、マーケットが動く方向性が正しいので、見方を変えないとダメみたいです。

ごめんなさいです。

で、見方を変えるとすると、14864(6/24)の安値からの上げは、修正波の戻りではなく、上昇波に移行しての上げという事になると思います。

仮に上昇波に移行しているとするならば、14864(6/24)の安値から上昇は5波動での上げとなり、その場合のカウントは次のようになるのではないかと思います。

日経平均日足この見方からすると、今は14864(6/24)の安値から3波目の上げをやっているところ、という事になりそうです。

なお、現状の騰落レシオは146%とかなりな高値圏にあるので、この数値だけをみると過熱感が漂う感じになると思います。

しかし、上げの5波動の中の3波目というのは、基本的には強い波動になりますので、もしもそうであるならば、騰落レシオに過熱感が出つつも上げの勢いはこの水準では止まらず、更に上に行くという事になると思います。

14864(6/24)から16943(8/12)までの上げが第1波とすると、第1波の上昇幅は2079円になります。

その後、16285(9/27)から第3波に移行しているとなると、その上昇幅は今日の段階でまだ1096円なので、第1波目の上げ幅からするとまだ上値余地はありそうな感じがします。

この先、17613(4/25)を抜けてくると、上記のような修正後の見方を裏付ける形になってくると思いますので、ここからの上げでこのラインを超えてくる事ができるのかという点が当面の焦点になると思います。

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする