トランプ大統領の就任演説を受けて、昨日のNY市場は上昇だが、方向感は見えず

NYダウチャート

トランプ大統領の就任演説を受けた昨日のNY市場は上昇。

NYダウは+0.48%、sp500は+0.34%、ナスダックは+0.28%と、それぞれ上げとなりました。

一方、ドル円は114円60~70銭程度で引け、やや円高気味にふれた感じでした。

昨日の就任式の結果を受けて、市場の動きに変化が出てくるかとも思ったのですが、特に大きな変化は見られずでした。

NYダウは上昇したものの、前日まで5日続落だったので、自律反発で上げたという見方もできるかと思われます。

NYダウのここまでの動きを見ると、12月半ばまでは順調に上げてきたのですが、2万ドルの大台を目前にして、それ以降1か月近くの間、ほぼ横ばい圏内の動きが続いています。

スポンサーリンク

NYダウは横ばい圏の動きが1ヶ月近く継続。この動きは上げの過程の中の調整か、それとも‥‥

この横ばいの動きをどう見るかがポイントになるのですが、一つには上げの過程の中の調整とみる見方があります。

なお、上げの過程の中の調整には、値幅調整と時間調整の2パターンがあります。

今のNYダウの動きは高値から大きく下げる動きにはなっていないので、恐らく時間調整のパターンをやっているところではないかと思われます。

この場合は、時間調整の期間が1ヶ月近くになる事から、そろそろ調整が終わり、再度上げのトレンドに回帰してもおかしくないと思います。

一方の見方は、既に上げる局面は終わっており、本格的な調整に入る前の準備段階で横ばいでの動きになっている、というものになります。

この場合は、暫く高値圏で横ばいでの動きが続いた後、大きく値幅を伴って下げ始める動きになります。

では、ここからどちらのパターンになるかという事なのですが、NYダウ以外のsp500やナスダックの動き方等からみると、前者、つまり、時間調整のパターンの方がやや強いような感じもします。

ただ、現状はやや微妙な水準に位置しているので、そうと決めつけるのも難しいところがあります。

現状、NYダウの安値は木曜日につけた19677ドルになるので、仮にこのラインをここから割れるようであれば、先々調整幅が大きくなる後者のパターン。

一方、当該安値を割れずに逆に高値抜け(現状の高値は1/6につけた19999)となれば、前者のパターンとなるのではないかと考えます。

トラリピ×日経225証拠金取引

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする