日経平均はミニゴールデンクロスが示現。春の到来とともに、相場の方も徐々に明るさが戻ってくるのではないか

日経平均チャート

前日の米国市場は、米国務長官の更迭や関税を巡る懸念で下落。

国内では、財務省の決裁文書書き換え問題が相場の重しとなり、今日の日経平均は21764円で寄り付き、200円程度安い水準でスタート。

その後、9時49分に21881円まで戻したものの、戻りはそこまでで、以降は再度下げる展開に。

後場入り後の13時13分には21684円まで下落。

250円以上下げる場面もありました。

そこから引けにかけてはやや戻る動きとなり、▲190円の21777円で引けとなりました。

売買代金は前日よりも減少して2.2兆円台と、引き続き、商いは盛り上がらず。

本日は、国内外の政治リスクが意識される中、冴えない展開の1日となりました。



相変わらず、国内外の政治リスク要因が重しとなる動きが続くが‥‥

戻りの勢いに欠ける中、日経平均は昨日まで4日続伸でした。

が、今日は国内外の政治リスクが懸念され、5日ぶりに反落となりました。

昨日、高値で引け、日足は久しぶりに陽線がついたのですが、その流れは続かずでした。

ただ、日経平均の5日線は今日の段階で21681円となり、25日線の水準(今日の時点で21672円)を超えてきたので、ミニゴールデンクロスが示現する形となりました。

1/31に5日線が25日線を下回るミニデットクロスが示現してから、5日線は25日線の下でずっと推移してきましたが、今日、1ヶ月半ぶりに5日線が25日線を上に行く形となりました。

25日線が下向きの状態で出るミニゴールデンクロスはダマシとなるケースも多いのですが、現状で同線はほぼ横向きの状態にあるので、ここで出たミニゴールデンクロスは形としては悪くないという事になります。

春の到来とともに気温も上昇。

相場の方も徐々に明るさが戻ってくるのではないかと考えます。

なお、気温が上がり、暖かくなってくるのはありがたいのですが、毎年この時期は花粉に悩まされます。

鼻水、くしゃみが止まらない。

別に悲しくないのに、なぜか涙が止まらない。(花粉症だと気づかなかった時は、情緒不安定になったのかと思い、心配になりました)

どこか、花粉がない世界で暮らしたい。

等と、相場とはまったく関係ない事なのですが、心の声を少し書いてみました。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 相場観    人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする