今日は値上がり銘柄が2000を超す全面高の展開。戻りが一旦止まった後、次は22500円レベルを目指す展開になるか

日経平均チャート

本日は円高の進行が一服したことを支えに、幅広く買いが入り、日経平均は21903円で寄り付き、高くスタート。

その後の安値は9時2分につけた21858円で、今日は終始買い優勢の展開でした。

引け際の14時54分に22152円まで上げ、ほぼ日中の高値圏で取引を終了。

日経平均は+428円の22149円で、3日続伸となりました。

ただ、今晩の米国市場が休場となるほか、アジアも春節で主要市場は休場となっており、海外投資家の参加が限られた事もあり、東証1部の売買代金は2.3兆円台で今年最低でした。

なお、東証1部銘柄の騰落銘柄は、値上がりが2002銘柄に対し、値下がりが56銘柄で、全体の約97%が値上がりする全面高の商状でした。



今日は値上がり銘柄が2000を超えで、2/6の時と逆の展開になる(2/6は値下がり銘柄が2000超えだった)

日経平均は3日続伸で、20950(2/14)の安値から、今日の日中高値22152円までの上げ幅は1202円となり、1000円を超えてきました。

なお、2月6日に日経平均が1000円以上下落した際、値下がり銘柄は2027で全面安となったのですが、今日はその逆で、値上がりが2002銘柄で、値上がり銘柄が2000を超す全面高の動きとなっています。

また、今日の上げで5日線(今日の時点で21546円)とのかい離も+2.8%まで開いています。

という事で、超短期では戻りがこの辺りで一旦止まるのではないかと思います。

ただ、止まるとしても1~2日程度で、5日線が日足水準に追いつくのを待って、再び戻りを試す展開になると想定します。

なお、24129(1/23)の高値から20950(2/14)の安値までの下げ幅3179円の半値戻り水準は22539円となります。

この水準は、2/5から2/6にかけて空けたマド(22277~22659円)を埋める水準とも近いラインになりますので、超短期で戻りが一旦止まった後は、当該水準を目指した戻りに入ると想定します。

日経平均の中期的なトレンドは上と考えているので、押し目は買いと考えます。

日経平均が上がると考えた場合、日経平均先物を買うという選択肢もありますが、日経平均先物を買う場合と比較して、くりっく株365の買いには①配当がつく、②取引期限がない等のメリットがあります(以下の記事ご参照)

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

なお、くりっく株365では、マネックス証券くりっく株365が、手数料が最も安い証券会社となります。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする