日経平均は2/19の戻り高値から調整継続中。この先2/14の安値を割れずに反転してくると戻り方向の動きが明確になってくる

スポンサーリンク
日経平均チャート

今日の日経平均は▲234円の21736円と反落。

昨日の米国市場は金利の上昇を背景にNYダウが下落。

これを受けて、幅広く売りが優勢の展開となり、日経平均は21789円で寄り付き、安寄りでスタートしました。

その後の高値は9時6分の21799円までで、今日は終始売りに押される展開でした。

10時30分に21626円まで下げ、一時350円近く下げる場面もあったのですが、引けにかけてはやや下げ幅を戻し、21736円で引けとなりました。

なお、売買代金は2.5兆円台でした。

スポンサーリンク

本日の空売り比率は再び46台まで上昇

昨日は出張で不在で、更新が飛びました。

今日も帰りが遅くなり、疲れました。

さて、本日の相場なのですが、日経平均が下落となったことで、5日線の水準(今日の時点で21900円)は割れとなりました。

22152(2/19)から、今日の安値21626円までの下げ幅は526円。

20950(2/14)から22152(2/19)までの上げ幅1202円に対する下落率は43.8%。

この先、一昨日の記事「日経平均は短期で上げた後、一旦休む場面。押し目があれば拾うというスタンスが有効と考える 」で書いたように、上げ幅1202円に対する半値押しとなる21551円や、61.8%押しの21409円というラインも考えられます。

ただ、20950(2/14)から22152(2/19)までの上げ日柄4日(両端入れ)に対して、22152(2/19)から、今日の安値21626円までの下げの日柄は同じ4日(両端入れ)。

今の下落が、20950(2/14)から22152(2/19)までの上げに対する調整と考えた場合、日柄的なバランスはある程度いい所に来ているのかと思われます。

また、本日の空売り比率は46.2で、2/9の46.1、2/14の46.6と並んで高水準です。

現在は急落後の病み上がり状態にあるので、まだ方向性ははっきりしませんが、22152(2/19)からの調整で20950(2/14)の安値を割れずに反転してくれば2番底をつけたという事になり、戻りの方向が出てくると思います。

スポンサーリンク



▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする