日経平均は75日線の水準まで下げた後、切り返して陽線引け。ここから反転継続なるか?

スポンサーリンク
日経平均チャート

前日の米国株が大幅安となったことを受け、序盤は売り優勢でスタート。

日経平均は22160円で寄付き、170円程度安い水準で始まりました。

その後、9時14分に22104円まで下落。

6/20の22167円を割り込みました。

ただそこからは、円高の一服などを支えに買い戻しが入り、後場に入るとプラスに転換。

14時12分に22368円まで上げた後、最終的にプラス圏内を維持し、引けは+3円の22342円と3日ぶりに反発で終了となりました。

売買代金は前日よりも増加して2.3兆円台。

昨日は久しぶりに2兆円割れとなりましたが、今日は再度2兆円台回復となりました。

本日は朝方安かったものの、後場に切り返してプラスとなり、日足は陽線での引けでした。

現状、日経平均の75日線が22152円に位置しているので、同水準を一時的に割り込んだものの、そこを下値として切り返したという動きになっています。

スポンサーリンク

NYダウの200日線割れは今年に入ってから3回目。過去2回は一旦反発となっているが‥‥

昨日のNY市場で、NYダウは一時24084ドルまで下げた後、最終的に24252ドルで引けるという動きになっています。

昨日の段階でNYダウの200日線が24280ドルに位置しているので、その水準を一時割り込む所まで下げた後、同線に近い所まで戻して引けるという形になっています。

なお、今年に入ってからのNYダウの動きを見ますと、以下の通り、過去2回は200日線を割り込んだ後、一旦反発という動きになっています。

①4/2に23344ドルまで下げて200日線を割り込んだ後、一旦反発。

②5/3に23531ドルまで下げて200日線を割り込んだ後、一旦反発。

昨日、200日線を割り込んだことで、同線の水準を割り込むのは3回目となります。

過去2回は上記の通り、200日線を割り込んだ後、一旦反発という動きになっているので、

今回も過去2回と同様に一旦反発という動きになるのか?

あるいは、今回は過去2回とは異なった動きとなるのか?

という点が目先的には注目される所になると考えます。

サクソバンク証券

スポンサーリンク



▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする