スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日は三空叩き込みとはならなかったが、目先底をつけた可能性も出てきたか?

日経平均チャート 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

昨日のNY市場でNYダウ、ナスダック総合指数が今年最大の下げを演じた他、円高ドル安が進行したこともあり、今日も売り先行でスタートする展開に。

日経平均は20325円で寄り付いた後、9時6分に20110円まで下落。

一時下げ幅は600円を超えました。

しかし、売り一巡後は、買い戻しを誘う流れとなり、下げ幅を縮小する展開に。

中国・人民元の対ドル基準値が市場予想ほど元安・ドル高に設定されなかったことで、不安心理がやや和らぎ、為替が円安方向に振れた事も相場の下支えとなりました。

13時13分に20607円まで戻した後は、日中の高値圏でもみ合いとなり、引けは▲134円の20585円で終了。

日経平均は3日続落で終わるかたちになりました。

売買代金は前日よりも増加して2.6兆円台。

騰落銘柄数は、値上がりが766銘柄に対して、値下がりが1291銘柄でした。

スポンサーリンク

今日は日経平均BPS(1株あたり純資産)の水準に接近した後、切り返す展開に

昨日の記事で、「仮に明日もマドを空けて下げると、三空叩き込みとなり、売られすぎで短期的に反転となる可能性もある」と書いたのですが、今日は寄りはマドを空けて下げて始まったものの、20607円まで戻したので、3日連続でマドあけでの下げとはなりませんでした。

仮に明日もマドを空けて下げると、三空叩き込みになる?
...

ただ、今日は一時20110円まで下げた後、500円程度切り返して引けているので、日足の形状は下ひげありの陽線引けとなっています。

この形状からすると、今日につけた安値(20110円)で目先の底をつけた可能性も出てきたようにも思われます。

また、現状、日経平均BPS(1株あたり純資産)が2万円近辺(今日の時点で19985円)にあるのですが、2012年からのアベノミクス相場で日経平均BPSを割り込んで、日経平均PBRが1倍割れとなったのは、以下の2回しかありません。

①2016年2月12日(日経平均PBRは0.99倍)

②2018年12月25日(日経平均PBRは0.99倍)

本日、20110円まで下げた後、切り返してきたのは、この日経平均BPSの水準を意識しての事のようにも思われます。

なお、現状ボラティリティが高い状態にありますので、今日の安値で目先の底を入れたのかどうかは、まだわかりまでん。

しかし、上記で挙げたような点から鑑みますと、目先、底を入れた可能性は出てきているのではないかと考えます。

投資を自動で記録分析してくれる無料アプリ【マイトレード】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

フォローする
相場の上にも20年