スポンサーリンク
スポンサーリンク

戻り開始から2か月程度を経過

日経平均日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

国内の緊急事態宣言が全面的に解除される見通しで、経済活動再開への期待が高まり、朝方から幅広い銘柄に買いが先行。

日経平均は20653円で寄り付き、高寄りでスタートしました。

その後、緊迫化する香港情勢を受け、香港ハンセン指数が安く始まったことで10時33分には20584円まで値を下げました。

しかし、香港ハンセン指数が切り返してプラス圏に浮上すると日経平均も買いなおされる展開に。

大引けにかけて買われる展開となり、日中の高値で本日の取引を終了。

日経平均は+353円の20741円で反発となりました。

ただ、本日は米国株式市場がメモリアルデーに伴う休場で、商いは細り、売買代金は1.7兆円台で2兆円割れでした。

騰落銘柄数は、値上がりが1857銘柄に対して、値下がりが259銘柄で、値上がり銘柄が全体の85%を占めました。

スポンサーリンク

薄商いの中、戻りが継続

本日の日中高値は20741円まであったので、5/21につけた戻り高値20734円を更新しました。

夜間市場に入ってからも日経平均先物は高く、20950円まで上げてきており、今晩の米国市場が休場なので、明日も戻り高値更新となりそうな感じです。

 

なお、今日の上げで、16358(3/19)からの戻りの日柄は43日目(両端入れ)となりました。

週足ベースで見ると、3/19の安値から今週で11週目となっています。

また、今年の高値24115(1/17)から16358(3/19)までの下げ幅▲7757円に対する戻りは+4383円で、下げに対する戻り率は56.5%となっています。

今のところ、戻りの勢いが継続していますし、下げに対する戻りも50%を超えてきているので、この感じで行くと更に上値追いの動きが続きそうな感じもします。

ただ、今から4年前の2015年6月24日に20952円で高値をつけた時の値動きとかを振り返ってみると、この時は、1波目の下げに対して2波目の戻りで76.7%戻しましたが、3波目の下げで1波目の下げ以上の下落となりました。

1波(下げ):20952(2015/6/24)⇒16901(9/29) ▲4051円

2波(戻り):16901(9/29)⇒ 20012(12/1) +3111円

3波(下げ):20012(12/1)⇒ 14865(2016/2/12) ▲5147円

2波目の日柄は43日(週足でみると10週目)で、ここで戻りがピークアウトしました。

この時と同じ動きになるという訳ではありませんが、現在が調整過程の中の戻りを入れている局面になるとしたら、戻り開始から既に2か月程度経過してきているので、日柄的な面からはけっこういい所まで来ているという事が言えるのではないかと思います。

クラウドバンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

フォローする
相場の上にも20年