スポンサーリンク
スポンサーリンク

来週あたりから再び上値挑戦に向けた動きが出てくるのではないか

日経平均 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前日の米国株市場では主要株指数が高安まちまちの展開となり、NYダウが3日ぶりに反落した一方、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数が最高値を更新。

日経平均は28811円で寄り付き、60円程度下げてスタート。

9時12分に28758円まで下げた後、11時8分に28935円まで上げて60円程度高くなる場面もありました。

ただ、新型コロナウイルスの変異型に対する警戒感が上値を重くし、引けは+0.34円の28875円で終了。

売買代金は前日よりも減少して1.9兆円台で、2兆円割れとなりました。

スポンサーリンク

今週は週前半は乱高下だったが、後半は落ち着いた動きとなる

日経平均はかろうじてプラスで終わったものの、騰落銘柄数は、値上がりが924銘柄に対して値下がりが1155銘柄で、値下がり銘柄が優勢でした。

また、TOPIXは下落して終了で、全般的には冴えない動きの1日でした。

日経平均の日中値幅も昨日に続いて100円台で、今週の月曜日、火曜日と比べると、日中の値動きが小さくなってきている感じです。

方向感に乏しく、模様眺めムードが強い感じですが、月曜日の大幅安と火曜日の大幅反発を経て、次の動きに向けて一旦、落ち着きを取り戻している所になるかと思われます。

なお、落ち着きを取り戻した後、トレンドが出てくるとみていますが、月曜日の大幅安で直近では底を入れたと思いますので、来週あたりから再び上値挑戦に向けた動きが出てくるのではないかと考えていますが、果たしてどうなるでしょうか。

岡三オンライン証券 くりっく株365
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

シェアする
フォローする
相場の上にも20年