スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経平均は4日続伸で、上昇基調継続

日経平均 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前日の米株式市場は、メモリアルデーで休場。

このため、朝方はやや手掛かり材料難となるなか、日経平均は31196円で寄り付き、下落して開始。

11時1分に31064円まで下げて、170円程度マイナスとなる場面もありました。

ただ、そこから切り返して、14時16分に31374円まで上昇。

大引けは+94円の31328円で終了し、日経平均は4日続伸となりました。

売買代金は3.0兆円台でした。

スポンサーリンク

75日線との乖離は10%超え

日経平均は昨日、31560円まで上げて高値を更新したあと、上げ幅を縮めたので、陰線で引けましたが、今日は安寄り後に上げに転じたので、陽線で引ける形になりました。

5日線(今日の時点で30992円)よりも上に位置しており、同線は上向き基調なので、引き続き上昇基調は継続です。

ただ、TOPIXは5/23に2188.66で高値を付けた後、日経平均と違って高値を抜けてきておらず、5日線は下向き基調で推移しています。

また、騰落銘柄数も、値上がりが574銘柄に対して、値下がりは1197銘柄で、日経平均が上げているわりには全体は上がっていません。

これらの点は、やや気になるところになるのですが、先物主導で上がるようなケースではよくあるパターンにはなるので、引き続き、相場の動きについていく局面になるのかと思われます。

なお、日経平均の75日線との乖離は直近で10%を超えています。

2016年から、75日線との乖離が10%を超えて、同線との乖離が当面のピークを打ったケースとしては、以下のようなものがあります。

2021年2月16日:13.07%

2020年6月8日:14.94%

2017年11月7日:12.55%

2016年12月20日:11.49%

おおむね11.5~15%ぐらいでピークを打っているので、仮に75日線が28800円程度とした場合、そこから11.5~15%ぐらい乖離している水準は以下のとおりになります。

11.5%の乖離:32112円

15%の乖離:33120円

とすると、仮に今のペースで上昇していった場合、32000~33000円あたりが目先のピークとなるのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

シェアする
フォローする
相場の上にも20年