スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経平均は高値圏でもみ合いの動きが続く

日経平均 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前日の米株式市場では、NYダウが520ドル高と急伸した一方で、ナスダックは下落で、マチマチな展開でした。

これを受けて今日の日経平均は、33537円で寄り付き、50円程度高い水準でスタートしました。

ただ、寄り直後に33551円で日中高値をつけた後は、売りに押されて、10時6分に33397円まで下落。

その後はもみ合いとなり、大引けは▲55円の33431円で終了。

日経平均は反落となりました。

売買代金は3.4兆円台でした。

スポンサーリンク

ここでのもみ合いの動きは、上げ過程の中でのもみ合いの動きか、あるいは下げに転じる前の横ばいの動きなのか?

昨日、安値から切り返して高値で引け、NYダウが高かったので、上を目指すのかと思ったのですが、買いは続かず、下落となりました。

ただ、日経平均は反落となりましたが、TOPIXはプラスで引け、続伸となりました。

日経平均は30538(10/30)から反発に転じましたが、11/15に33519円で引けた後は、そこからほぼ横ばいの動きが続いています。

営業日数でいうと、12営業日横ばいでの動きが継続していることになります。

この横ばいでの動きが、上げ過程の中でもみ合いの動きとなっているのか、それとも、33853(11/20)で既にピークをつけて、下げに転じる前に横ばいでの動きとなっているのか、現時点ではまだ判断がつきません。

日経平均が調整入りとなるとすると、NY株が頭打ちになってからと見ているのですが、今のところ、NY株は堅調でまだその気配は見えていません。

なお、NYダウは、昨日、35950ドルで引け、2022年1月5日につけた36952ドルの最高値に接近しつつあります。

ただ、仮に最高値をここから抜けてきても、それは一時的で、ダブルトップとなる可能性が高いのではないかと考えているので、ダブルトップをつけて下げに転じてくるようだと、調整入りの色合いがより濃くなってくると思われますので、その場合は要注意かと考えております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

シェアする
フォローする
相場の上にも20年