日経平均は10連騰。11月に一旦短期的なピークをつけたとしても2017年4月あたりまで上昇トレンドは継続するのではないか

日経平均チャート

米国株高や衆院選自民300議席報道などから、買い気が強く、今日の日経平均は21221円で寄り付き、高くスタート。

その後、9時2分に21187円まで値を落とした後は9時58分に21347円まで上昇し、日中の高値をつけました。

そこからは伸び悩む展開となり、+100円の21255円で取引を終えました。

日経平均は今日も続伸となり、これで連続上昇は10日まで伸びました。

10連騰は、2015年5月15日~6月1日の12日続伸以来。

売買代金は前日よりも減少して2.6兆円台でした。

日経平均は9/8の19239円の安値から上昇を開始。

今日の日中高値21347円までの上げ幅は2108円となっています。

ここの所上げのピッチが早いので、そろそろ一服してもおかしくないのですが、まだ上げの勢いは続きそうな感じです。

これまでの日経平均の続伸記録は14日が最長だと思うのですが、今回、この記録にどこまで迫れるのか、注目です。



11月の上旬あたりに一旦、短期的なピークをつけるかもしれない

日経平均の続伸記録がストップした後のこれまでの動き方を見ると、続伸記録が止まった所が短期的なピークとはならず、少しタイムラグがあって短期的なピークをつけるという感じになっています。

(以下は、直近の例)

例1)2015年5月15日~6月1日の12日続伸の時

続伸記録がストップしてからその後に高値をつけたのは、17営業日後の6/24でした。

例2)2016年12月6日~16日の9日続伸の時

続伸記録がストップしてからその後に高値をつけたのは、10営業日後の翌年1/5でした。

今日まで10日続伸で、これまでの続伸記録は14日が最長なので、今週あたりに続伸記録は一旦ストップするのかもしれません。

仮に今週で続伸記録が一旦ストップして、そこから上記例1)、2)のように10~17営業日後に短期的なピークをつけるとすると、10/2の記事「10月末~11月上旬あたりまでは、あまり大きな下げはなく、上昇基調をたどるのではないか」でも書いたように、11月の上旬あたりが一つのメドとなる可能性があります。

ただ、短期的にそこで上げが一旦止まったとしても、中期的なスタンスで見た上げは続き、9/8の19239円の安値から6~7か月後の来年4月あたりまで上昇トレンドは継続するのではないかと考えています。

よって、押し目買い優位で、ロングは持続というのが当面のスタンスになると考えます。

(※)日経平均先物を買う場合と比べて、くりっく株365の買いには①配当がつく、②取引期限がない等のメリットがあります(詳細は以下の記事をご参照)

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

なお、くりっく株365では、岡三オンライン証券 くりっく株365が、取引枚数に応じたキャッシュバックをするキャンペーンを実施しています。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする