短期的に下げすぎで目先反発か。なお、早ければ今日の安値で底となった可能性もあるかもしれない

日経平均チャート

イタリア政局の混迷を受けた欧米株安の流れを引き継ぎ、今日の日経平均は22051円で寄付き、300円程度下げてスタート。

為替が円高基調で推移したことも重しとなり、その後、9時37分に21931円まで下落。

一時400円以上下げる場面もありました。

そこから10時41分に22079円まで戻したものの、戻りはそこまでで、最終的に▲339円の22018円でクローズ。

かろうじて22000円台は維持して引けたという感じでした。

売買代金は前日よりも増加して2.7兆円台。

なお、今日の騰落銘柄は、値上がりが292に対して、値下がりが1760。

これで7日連続で値下がり銘柄が1000銘柄を超える形となりました。



今日は押し目買いを入れてみた

今日の下げで、騰落レシオの25日平均は94.24%。

5日平均は36.7%まで低下し、40%割れとなりました。

日経平均が24129(1/23)から20347(3/26)まで下げた中で、騰落レシオの5日平均の最低は、3/5の40.3%。

今日はこの水準をも下回る形となりました。

なお、今日は21931円まで下落しているので、戻り高値23050(5/21)からの下げ幅は1119円と、1000円超えに。

これまで23050(5/21)からの下げはミニ調整で、下げ幅は1000円は超えないと見ていたのですが、想定よりも下げが大きくなっています。

ただ、次のような点から、一旦ここから反転となると考えます。

①騰落レシオの5日平均が40%割れとなり、短期的には売られすぎとなっている

②75日線が21920円に位置しており、今日、そこに近い水準まで下げた

③20347(3/26)から23050(5/21)までの上げ幅(2703円)に対する下落率が41.3%で、同率の一つの目安となる38.1%を超えてきている

なお、23050(5/21)からの下げ幅が1000円超えとなったので、同戻り高値からの調整がミニ調整であれば、早ければ今日の安値で底となった可能性も出てくるのではないかと考えます。

ということで、今日は押し目を買ってみました。

株式投資スクール

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする