スポンサーリンク
スポンサーリンク

マザーズ指数は1146と、1152の下値ラインを維持できるのかが目先の焦点

マザーズ指数 マザーズ指数
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前日の米国株式市場で、ナスダックは上昇だったのですが、NYダウとS&P500は下落して終了しました。

今日の日経平均は26683円で開始して、小安く始まった後、10時に26736円まで上昇し、一時、前日比でプラスに浮上する場面もありました。

ただ、その後は再び売りに押されて、14時9分に26605円まで下落。

130円程度マイナスとなりました。

引けにかけてやや戻したものの、最終的に▲44円の26687円で終了。

日経平均は反落となりました。

新型コロナの感染拡大懸念や、FOMCを控えている事などもあり、様子見ムードが強い1日でした。

このため、売買代金も盛り上がらず、前日よりも減少して2.2兆円台となりました。

スポンサーリンク

マザーズ指数は12/11にデットクロスが示現

今日は日経平均、TOPIXともに下落でした。

マザーズ指数も下落で、下落率は▲1.42%で、日経平均、TOPIXよりも下落率が大きい形となりました。

マザーズ指数は、12/10に1152まで下げた後、1167~1172で窓を空けて上げる形となり、5日線の水準も上回ったので、今週以降も戻る動きが続けば、再度高値を目指す動きになるかと思ったのですが、続落で一時1165まで下落して、上記マドを埋めてくる動きとなりました。

来週以降もマザーズ指数が戻る動きが続けば、再度高値を目指す方向に回帰してくる可能性もある
...

また、5日線(今日の時点で1174)を割り込む動きとなっているので、調整が終わったのか、再び怪しくなってきました。

マザーズ指数は12/11に25日線が75日線を下回るデットクロスが示現しているので、ここからまた下げてくると、更に調整する可能性が強くなってきます。

現状、11/2の1146と、12/10につけた1152が下値ラインとなっているので、ここからこのラインを維持できるのかがポイントとなってきます。

このラインを割ってくると、更に調整が進む可能性もあるので、同ラインを維持できるのか否かが目先の焦点となります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マザーズ指数

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

シェアする
フォローする
相場の上にも20年