スポンサーリンク
スポンサーリンク

高値圏でのもみ合い終了後、もう一上げあるというのが現時点における見方

日経平均 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前日の米国株市場でNYダウが3万ドル台を回復し、ナスダックが最高値を更新したことを受け、リスク選好の地合いとなり、日経平均は26835円で寄り付き、高く始まりました。

9時3分に26874円まで上げ、12/7につけた高値26874円に接近する場面もありましたが、FOMCの結果を今晩に控えるほか、パウエルFRB議長の会見を見極めたいとの思惑もあり、積極的な買いが入らず、そこから伸び悩む展開に。

13時25分に26717円まで値を下げて、上げ幅を30円程度にまで縮小しました。

その後はやや戻したものの、上げは限定的で、引けは+69円の26757円で終了。

日経平均は反発となりました。

売買代金は前日よりも減少して2.1兆円台でした。

スポンサーリンク

ナスダックは、引け値ベースでの高値更新

日経平均は今日も高値に接近する場面もあったのですが、そこから失速する動きとなり、高値圏でもみ合う動きが続く形となりました。

日経平均が高値圏でもみ合う動きが続く中、ナスダックは堅調で、ザラ場ベースの高値12607(12/9)は抜けられないものの、引け値ベースでの高値更新となっています。

NYダウ、s&p500も高値からやや下押し後、切り返す動きとなっており、高値更新を狙う水準に位置しています。

ここからNYダウ、s&p500も高値更新となった場合、日経平均もその動きに追随できるのかが目先の焦点となります。

一応現時点においては、現状の高値圏でのもみ合いは、5つの波動で構成される波動のうち、4波目の動き(※)をやっている所になり、4波目の調整の動きが終了したのちは、5波目の上げがあり、その後、値幅調整の動きが入るのではないかと想定しています。

(※)エリオット波動の波の一般的な特性は、2波目の調整は急落で、4波目の調整はもみ合い、となっています。

岡三オンライン証券 くりっく株365
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

シェアする
フォローする
相場の上にも20年