掉尾の一振は期待できるか? 

スポンサーリンク
日経平均チャート

今日の日経平均は、▲46円の22892円と、3日ぶりに反落。

売買代金は前日よりもやや増加して1.6兆円台となりましたが、昨日に続いて2兆円割れの閑散商い。

東証1部の出来高も10.9億株で、今年2番目の少なさとなりました。

なお、今日の日中高値は9時14分につけた22950円に対して、同安値は14時6分につけた22877円でした。

よって、日中値幅は63円で、今日も昨日に続いて殆ど動きが見られない1日でした。

日経平均が高値をつけた23382(11/9)以降の日中値幅の動きを見ますと、最も値幅が大きかったのは11/9の859円でした。

そこから日中値幅は縮む形になっており、先週までは11/29の107円が(11/9)以降の中では最も値幅が小さい日でした。

それが今週に入ってから変化して、昨日の日中値幅は78円で、100円割れとなりました。

そして、本日、日中値幅は63円だったので、それを更に下回る値動きとなりました。

スポンサーリンク

今日も昨日に続いて小動だが、煮詰まってきている感じは出てきている

現状ではなかなか23000円の壁を超えられず、レンジ圏内の動きを脱する事ができない状態が続いているのですが、23382(11/9)の高値から経過日柄は今日で33日目(両端入れ)となり、日柄調整の動きは1.5ヶ月以上続ているという事になります。

また、チャート的には高値圏で三角保ち合いをやっている形状になります。

この三角保ち合いは、上限が23000円のラインとなっているのに対して、下値が21972(11/16)、22119(12/6)、22478(12/15)と、下値をやや切り上げる感じの動きとなっています。

そして、上述したように、日中値幅も徐々にその動きを縮める形の動きとなっております。

この動き方からすると、だいぶ煮詰まってきている感じもあるので、やはり近いうちに何かしらの動きが出てくるのではないかと思われます。

なお、今日が権利月最終日となるので、それがあける明日以降に動きが出てくるのではないかと期待していたのですが、今日の動き方からすると、明日いきなり動きが出てくるという感じでもないような感じもします。

となると、掉尾の一振は期待できず、動きが出るとしたら、年明けという形になるのかもしれません。

どこで動くのか、なかなか予想しづらいのですが、動くとしたら上方向への動きとなるのではないかと考えております。

(※)日経平均が上昇すると考えた場合、日経平均の動きに連動するETFを買うという手もあります。

なお、手数料が安い証券会社としては、GMOクリック証券や、ライブスター証券などがあります。

スポンサーリンク



▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする