4度目の正直で、日経平均23000円の壁突破となるかに注目

スポンサーリンク
日経平均チャート

今日の日経平均は22909円で寄り付き、前日とほぼ同水準でスタートした後、小口の利益確定売りが入り、9時18分には22870円まで下落。

そこからはじりじりと戻り歩調となり、13時12分には22948円まで上昇。

その後は高値圏で一進一退となり、最終的には+36円の22939円で引け、続伸で取引を終える形となりました。

なお、日経平均のザラ場高値は23382(11/9)となるのですが、引け値ベースの高値は12/11につけた22938円になるので、わずか1円ではありますが、引け値ベースの高値を本日更新するかたちとなりました。

ただ、売買代金は前日よりも大きく減少して1.5兆円台で、今年最少でした。

また、出来高は10.5億株で、2011年12月30日以来、約6年ぶりの低水準となり、超閑散商いの1日でした。

スポンサーリンク

商いは超閑散で、日中値幅も100円未満と、動意薄の1日

本日は年末相場で市場参加者が減少。

商いは閑散商状で、日経平均の日中値幅も78円と、殆ど動きが見られない1日でした。

とは言え、終値は22939円まで上げ、引け値ベースの高値更新となり、23000円の壁に再度接近する形となりました。

ここまで、22994.31(12/1)、22994.33(12/12)、22990(12/19)と、過去3回23000円の壁に近づく局面がありました。

しかし、ことごとくその壁ではじかれて、再度出直すという動きをここまで繰り返してきました。

そして、今回、再び22948円まで上昇してきており、4回目の壁突破を目指す水準まで戻す動きとなっております。

で、明日は年内最終の権利付き最終日となります。

明日を通過すると、個人の税金対策の売りはなくなるので、ここでやっと23000円の壁を抜けてくるという動きになるのでしょうか。

22990(12/19)まで上げた時は、3度目の正直で壁突破となるかと思っていました。

が、3度目の正直の実現はならず、結局未遂に終わったので、4度目の正直で壁を抜ける動きになってくるのか、注目したいところです。

(※)日経平均が上がると考えた場合、日経平均先物を買うという選択肢もありますが、日経平均先物を買う場合と比較して、くりっく株365の買いには①配当がつく、②取引期限がない等のメリットがあります(以下の記事ご参照)

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

なお、くりっく株365では、マネックス証券(くりっく株365)が、手数料が最も安い証券会社となります。

スポンサーリンク



▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする