スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経平均は続伸で、22500円の節目に近付く。5月相場はここから更なる上値追いとなる展開に期待

日経平均チャート 日経平均
スポンサーリンク

今日は昨日のNY株が高かったことなどをうけて、日経平均は22466円で寄り付き、高寄りでスタート。

その後、9時19分に22357円まで値を落とし、一時は上げ幅を40円程度にまで縮めました。

しかしそこから買いなおされる展開となり、引け近くの14時49分には22495円まで上昇。

22500円にあと5円程度まで迫る場面もありました。

引けは+148円の22467円と続伸。

なお、寄り値とほぼ同じ水準で引けたので、今日の日足は十字線をつける形となりました。

売買代金は前日よりも大きく増加して3.3兆円台と、久しぶりに3兆円台の大台のせでした。

今日はファナックが急落し、ハイテク株は冴えませんでしたが、全体には波及せず、地合いはしかっりでした。

スポンサーリンク

連休前にもかかわらず売買代金は3兆円の大台乗せで商いは活発に

今日の日中高値は22495円まであったので、節目となる22502(2/27)の戻り高値抜けまであと一歩でした。

なお、これからGW突入を控えて、通常であれば様子見区分が広がり、商いが閑散となってもおかしくない局面なのですが、今日の売買代金は3兆円台の大台のせで、活発でした。

20347(3/26)の安値から今日でちょうど1ヶ月程度経過した形になるのですが、市場の雰囲気は様変わりで、ここにきて以下のような明るい兆しが見られるようになってきています。

①商いを伴いながら、戻りの節目となる22500円ラインの目前まで上げている。

②決算発表が本格化しつつある中、日経平均EPS(1株あたり利益)は上昇。今日の時点で1719円まで上げ、直近の高値水準を抜けてきている。

③ドル円は戻り基調で109円台にのせてきている

④NY株はまだ不安定なものの、1~3月までに見られたような下値不安が小さくなってきている

以上の点などを背景に、5月相場は、更に上値を追う展開になるのではないかと見ております。

◆日経平均が上がると考えた場合、日経平均先物を買うという選択肢もありますが、日経平均先物を買う場合と比較して、くりっく株365の買いには①配当がつく、②取引期限がない等のメリットがあります(以下の記事ご参照)

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

なお、くりっく株365では、マネックス証券くりっく株365が、手数料が最も安い証券会社となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

フォローする
相場の上にも20年