スポンサーリンク
スポンサーリンク

徐々に強気で見れる材料は増えてきているので、ここからはサマーラリー入りとなる展開を期待

日経平均チャート 日経平均
スポンサーリンク

今日の日経平均は22646円で寄り付き、前日よりも60円程度高く始まった後、11時に22593円まで下落。

上げ幅を7円程度まで縮める場面もありました。

後場は米国の第2・四半期のGDP発表を控えて様子見ムードも出ていましたが、日銀の指し値オペ通告でドル円が強含むと、上げ幅を拡大。

+125円の22712円で終わり、日中の高値引けとなりました。

ただ、商いは盛り上がりに欠け、売買代金は 2.1兆円台でした。

昨日は日経平均は下げでTOPIXは上げて終わるというやや歪な動きでしたが、本日は日経平均は+0.56%の上昇。

TOPIXも+0.57%の上昇で、日経平均、TOPIX共に同程度の上昇率で終わるというかたちになりました。

スポンサーリンク

TOPIXは、一目均衡表の雲上限を超えてくる

日経平均は21462(7/5)の直近安値からの戻り高値は22949(7/18)となっており、今日は22712円まで上げましたが、同高値は超えられずとなっています。

一方で、TOPIXは1671(7/5)の直近安値からの戻り高値は、今日の日中高値である1775となっています。

TOPIXは昨日、7/18の戻り高値1761を超えており、今日は昨日に続いて同高値超えとなりました。

昨日の記事「日経平均は特殊要因で下げとなったが、TOPIXは上昇で、相場自体は堅調。サマーラリー入りとなる可能性が出てくるか」で、

「TOPIXは終値で1770あたりを超えてくると、一目均衡表の遅行線が陽転入りで、雲の上限も超える形になるので、強気材料が一つ増える形になる」

と書いたのですが、本日TOPIXは1775で引けたので、強気材料が一つ増える形になりました。

また、7/25の記事「遅行線は一応、陽転入り。これを持続できるかどうかが目先の焦点」で、

「金曜日の段階で22700円以上の水準を維持できると、遅行線が陽転入りした可能性がより強まり、ここからサマーラリー入りとなる可能性も高くなってきます」

と書いたのですが、本日日経平均は22712円で引けたので、こちらもまた強気で見れる材料が増えたという事になります。

今のところ、商いがあまり増えていない点がマイナス要素となりますが、徐々に強気で見れる材料が増えてきているという点はフォロー要素になると思います。

ここまでの助走期間を経て、来週以降、上げ相場本番となるような展開を期待したいところです。

伊藤寿彦 タイムサイクル分析

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

フォローする
相場の上にも20年