スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経平均はマドを空けての下げとなるが、ミニ調整はそろそろ終了するのではないか

日経平均チャート 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

国内連休中に為替が円高に振れた事や、中国景気への先行き懸念が重しとなり、今日の日経平均は23550円で寄り付き、安寄りでスタート。

その後も戻りは鈍く、前引け前の11時27分に23587円で日中高値をつけた後は、引けにかけて下げを広げる展開に。

大引け前の14時55分に23442円まで下げた後、そのまま安い水準でクローズ。

日経平均は4日続落で、▲314円の23469円で終了となりました。

TOPIXも4日続落。

下落率は1.76%で、日経平均の1.32%よりも大きくなりました。

なお、売買代金は前日よりも膨らんで3.0兆円台でした。

スポンサーリンク

戻り高値からの下げ幅や、25日線とのかい離、騰落レシオ(5日)等からすると、短期的な過熱感はだいぶ解消されてきている

今日の日経平均の日中高値は23587円で、先週金曜日の日中安値は23730円なので、今日は前日よりも143円マドを空けて下げるという動きになりました。

ただ、23442円まで下げた事で、24448(10/2)の戻り高値からの下げ幅は▲1006円に。

また、10/5の記事で、

「23481(9/18)~23672(9/19)でマドを空けているので、場合によってはこのマドを埋める水準となる、23500円近辺までもう一押し入れる可能性もあるかもしれません」

と書いたのですが、今日は23442円まで下げてきたので、上述のマド空きの水準は埋めてきた事になります。

日経平均は3日続落だが、短期的な過熱感は薄まってきている
...

その他では、今日の時点で25日線が23343円なので、同線とのかい離は+0.5%まで縮小しました。

一時、25日線とのかい離は9/26に+4.91%まで広がっていました。

一般的に、同線とのかい離が+5%を超えるとやや過熱感が強まると言われているのですが、4日続落となった事でかい離は+0.5%まで縮小してきました。

騰落銘柄数でみても、本日の騰落銘柄数は、値上がり銘柄が247に対して、値下がり銘柄が1823で、24448(10/2)の戻り高値以降で値下がり銘柄は最多となりました。

また、騰落レシオ(5日)は50.2%まで縮小し、こちらも9/25に359.5%まで拡大していたものが大きく低下する形となっています。

以上のような点からすると、短期的な過熱感はだいぶ解消されてきていると言えます。

よって、24448(10/2)の戻り高値からのミニ調整は、そろそろ終了となってもおかしくないのではないかと考えます。

THEO
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

相場20をフォローする
相場の上にも20年