スポンサーリンク
スポンサーリンク

大型連休を控えてはっきりしない動きが続くが、信用残高と裁定買い残の動きを見る限りでは、今は警戒すべき局面ではないと考える

日経平均チャート日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前日に米国株が上昇した流れを引き継ぎ、朝方は買いが先行。

日経平均は22356円で寄り付き、4/17につけた戻り高値22345円を超えてスタートしました。

その後、9時1分に22362円まで上げたものの、それ以上は買いが続かず。

買い一巡後は今週末からの10連休や、本格化する企業決算が警戒され伸び悩む展開に。

後場入り後の13時には22125円まで値を下げ、130円程度マイナスとなる場面もありました。

そこから大引けにかけてやや値を戻したものの、プラス圏までは戻しきれず、結局▲59円の22200円で終了となりました。

日経平均は4日ぶり反落。

ただ、売買代金は前日よりも増加して2.3兆円台で、2兆円台は回復となりました。

スポンサーリンク

信用買い残高が減少に対して、売り残高は増加で、信用倍率は2.17倍まで改善

今日の東京市場は、昨日のNY高に追随できずに下落となりました。

今日から実質的に5月相場入りで、朝から戻り高値を抜けてきたので、そのまま行くかと思っていましたが、買いの勢いは続かず、失速する展開でした。

大型連休を控えて警戒感が広がりやすい状況にあるため、この展開はまあ仕方がない事なのかと思われます。

ただ、昨日発表になった4月19日時点の信用買い残高は、前の週よりも減少して2兆1,190億円。

それに対して、信用売り残高は前の週よりも増加して9,771億円。

このため、信用買い残高を信用売り残高で割った信用倍率は、2.17倍まで低下。

3月22日の2.25倍が直近の信用倍率では低い数値だったのですが、同水準を下回る形となりました。

また、本日発表になった4月19日時点の裁定買い残は、前週比464億円減少の1兆0807億円で、3週連続の減少となっています。

現状は大型連休を控えて、はっきりしない動きが続いています。

しかし、信用残高と裁定買い残の動きを見る限りでは、今は警戒すべき局面ではないと考えますが、果たしてどうでしょうか。

FX ポータル

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

フォローする
相場の上にも20年