スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年あたりまで上げ相場が続く展開か?

日経平均 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前日の米国株市場では、ワクチン実用化が近いとの観測を受けて景気敏感株が買われたほか、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数が最高値を更新しました。

これをうけて今日の日経平均は26884円で寄り付き、100円程度高い水準でスタートしました。

ただ、寄り近辺でつけた26889円が日中高値となり、その後はダレる展開に。

10時14分に26695円まで下げて、90円程度マイナスとなる場面もありました。

そこから押し目買いが入り、切り返したものの、上値も重く、引けにかけて再び売り物に押されて、最終的に+13円の26800円で終了。

日経平均は小幅続伸で取引を終えました。

売買代金は3.0兆円台で、再び3兆円の大台を超えました。

スポンサーリンク

大台到達を前にして、一旦足踏みをする展開か?

本日、日経平均は26889円まで買われて、連日の高値更新となりました。

しかし、最終的には小幅高で取引を終えているので、27000円の大台到達を前にやや売りに押される展開となっています。

TOPIXもプラスとなったものの、11/27につけた1792の高値までは届いていません。

というわけで、全体的には、大台到達を前にして、一旦足踏みとなっているような感じがします。

ここまで上げのスピードが速かったので、大台到達を前に日柄調整を入れて、そこから再度高値更新に向けて動くという感じになるのではないかと思われます。

 

日経平均は3/19に16358円で安値をつけてから反発に転じているのですが、期間的にはここまで8.5か月程度上げの期間が継続している、ということになります。

なお、2012年以降の動きを見ますと、これまで上げ相場が2回ありました。

①8228(2012年7月) ⇒ 20952(2015年6月)

②14864(2016年6月) ⇒ 24448(2018年10月)

上げの期間としては、①が2年11か月で、②が2年4か月となっています。

いずれも2~3年程度の期間、上昇相場が続ているのですが、仮に今回もそれと同程度の期間、上げが続くとなると、2022年あたりまで上げ相場が続くということになるのかもしれません。

岡三オンライン証券 くりっく株365
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

シェアする
フォローする
相場の上にも20年