スポンサーリンク
スポンサーリンク

高値圏でのもみ合いの動きが続く

日経平均日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染拡大が世界的に加速するなか、前日の米国株市場では主要株指数が総じて軟調でした。

これをうけて今日の日経平均は26688円で寄り付き、下落してスタート。

その後、9時5分に26639円まで下げたものの、そこから切り返す動きとなり、13時53分に26852円まで上昇。

プラス圏に浮上するとともに、12/7につけた高値26894円に迫る場面もありました。

ただ、あすにメジャーSQ算出を控えていることもあり、不安定な動きとなり、そこからは再びマイナス圏に押し戻される動きとなりました。

引けは▲61円の26756円で終了。

日経平均は反落となりました。

売買代金は前日よりも増加して2.7兆円台で、12月2日以来の水準となりました。

スポンサーリンク

現時点における見方としては、高値圏でのもみ合いの動きを経た後、再度上げがあり、一旦値幅調整の動きに入るという形を想定

昨日、急反発して切り返してきたので、その勢いが続くかと思ったのですが、買いは続かず、下落となりました。

下落となったものの、5日線(今日の時点で25667円)は維持しており、同線はほぼ横ばいの動きとなっています。

TOPIXも似たような動きとなっており、現状は高値圏でもみ合う動きとなっています。

現状は、この高値圏でのもみ合いの動きを経て、高値更新の動きとなるのか、それとも下落して調整継続の動きとなるのかの分岐点にあります。

日経平均でみますと、高値が12/7につけた26894円。

安値が12/8につけた26327円となっており、567円の値幅の中でのもみ合いとなっています。

このような横ばいでもみあう動きとなるのは、エリオット波動でいうところの4波目の動きで見られる特徴なので、一応、現時点における見方としては4波目のもみ合いの動きを経た後、再度5波目の上げがあるという見方をしています。

なお、その後は、5波目の上げとして最後の上げがあってから、一旦、値幅調整の動きに入るのではないかと想定しています。

岡三オンライン証券 くりっく株365

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

フォローする
相場の上にも20年