スポンサーリンク
スポンサーリンク

このまま今の水準を維持できれば、11月第3週にも継続して下落してきた200日線が久しぶりに上向きに転換してくる

日経平均 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前日の米国株市場ではNYダウは小幅プラス圏で着地したものの、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数が2%あまりの下げをみせたことで、市場センチメントが悪化。

日経平均は27407円で寄り付き、小幅下落で開始。

9時22分に27450円まで上げ、20円程度プラスとなる場面もあったのですが、日米金利差縮小を背景に外国為替市場ではドルが売られ、円高方向に急速に振れたことが東京市場ではマイナス材料として作用して再びマイナス圏に。

15時に27330円で日中安値をつけ、▲86円の27345円で終了。

日経平均は4日ぶりに下落となりました。

売買代金は前日よりも減少して2.6兆円台でした。

スポンサーリンク

200日線が上向きに転換してくると、日本株のフォロー要因が増えてくる

昨日、27399(10/6)の戻り高値を抜けて上昇したのですが、27578円まで上げた後、押し戻されて27345円で引けたので、引け味はあまりよくありませんでした。

その流れをうけたほか、ナスダックがやや大きく下げたこともあり、今日は下げて4日続伸とはなりませんでした。

ただ、戻り方向の動きは継続していると思いますので、3日続伸で戻り高値を抜けたあと、一服して再度、昨日の高値27578円を抜けを目指す展開になるのではないかと考えています。

なお、一目均衡表の遅行線が26日前の日足水準に接近してきており、明日も今の水準を維持して27313円よりも上で引けると、遅行線が陽転してくることになります。

そのほか、仮に今の水準を維持し続けると、昨年の11月29日からほぼ継続して下落してきた200日線が11月第3週にも上向きに転換してくる形になります。

そこで200日線が上向きに転換してくると、そこからしばらく同線の上昇が継続する形になるので、それも日本株のフォロー要因となり、戻り方向への動きを後押しする形になるのではないかと考えております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

シェアする
フォローする
相場の上にも20年