スポンサーリンク
スポンサーリンク

来週あたりまで28502(11/24)からの調整局面が継続するかもしれない

日経平均 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

米供給管理協会が1日に発表した11月製造業総合指数は、49.0と2020年5月以来初めて50を下
回り、米景気への懸念が強まりました。

これをうけて今日の日経平均は、27983円で寄り付き、28000円を割れて開始。

米景気への懸念や為替の円高が重しとなり、10時58分に27662円まで下落し、一時下げ幅は500円を超えました。

その後の戻りは限定的で、引けは▲448円の27777円で終了。

日経平均は下落で取引を終えました。

売買代金は前日並みの3.1兆円台でした。

スポンサーリンク

調整完了後に再度28502(11/24)を目指す方向に切り返してくるのではないか

昨日の安値が28226円に対して、今日の同高値が27983円なので、200円以上マドを空けて下げる形でした。

昨日の日足は、上髭ありの小陰線で、今日はマドを空けて下落しています。

また、25日線(今日の時点で27844円)も割れて引けています。

そのほか、日中安値は27662円まであったので、11/30の直近の安値27802円も下回っています。

昨日、反発したものの、日経平均に対してTOPIXの上げが限定的だったので、そこから戻りが続くかどうか、やや疑問視される形だったのですが、本日、直近の安値も割れてくる形となったので、28502(11/24)からの調整局面が継続する形となっています。

なお、ここまでの感じからすると、来週あたりまで28502(11/24)からの調整局面が継続するかもしれません。

その場合は、調整完了後に再度28502(11/24)を目指す方向に切り返してくるのではないかと考えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

シェアする
フォローする
相場の上にも20年