スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経平均は5日ぶりに反発。日柄的にはもう少し調整の日数が必要か

日経平均 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前日の米国株市場で、米景気減速に対する警戒感が和らぎ、NYダウが7日ぶりに反発。

これを受けて今日の日経平均は、32807円で寄り付き、高寄りで開始。

10時19分に32642円まで押し戻された後、後場に入って上げ足が加速する形になり、大引けは+655円の33193円で終了。

日中の高値で引け、日経平均は5日ぶりに反発となりました。

売買代金は前日よりも増加して3.9兆円台でした。

スポンサーリンク

昨日、25日線近辺まで下げたところで、とりあえず一旦切り返す動きに

今日の日経平均は5日ぶりに反発となり、5日線(今日の時点で32895円)を上回りました。

昨日、32306円まで下落し、25日線(昨日の時点で32273円)近辺まで下げたところで、とりあえず一旦切り返す動きとなりました。

なお、ここからの動きとして想定されるパターンは、以下の2パターンです。

①33772(6/19)の高値からの調整は、32306円で終了。そこから再度、上昇基調に回帰。

②33772(6/19)の高値からの調整は、32306円まで下げたところがa波。そこからリバウンドの上げがあってb波。そこから再度の下げがあってc波。そこで調整が終了し、上昇基調に回帰。

①のパターンだと、33772(6/19)から32306(6/27)までの調整が7日(両端入れ)なので、日柄的にはちょっと調整が足りないような感じもします。

②のパターンであれば、調整完了までまだ日を要する形になりますので、調整日柄としては適当な感じになるのではないかと思われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

シェアする
フォローする
相場の上にも20年