スポンサーリンク
スポンサーリンク

ナスダックの200日線との乖離は+26.5%まで拡がる

ナスダックチャート ナスダック
出所:SBI証券
スポンサーリンク

 前日の米国株市場では、NYダウとS&P500は下落でしたが、ナスダックはハイテク優良株の上げが追い風となり、上昇となりました。

ただそれは材料にはならず、日経平均は23089円で寄り付き、小幅安でスタート。

その後、10時15分に23047円まで下落しましたが、8月の中国製造業購買担当者景気指数が53.1となり、2011年1月以来、約9年半ぶりの高水準となったことを受けて、11時6分に23206円まで上昇。

70円程度高くなる場面もありました。

しかしそこから見送りムードになり、▲1円の23138円で終了。

日経平均は小幅反落となりました。

売買代金は1.8兆円台で、再び2兆円割れとなりました。

スポンサーリンク

更に上昇継続か、それともさすがにそろそろ一旦止まるか?

日経平均は8月半ば以降、23300円よりも上には行けず、やや伸び悩む動きが続いています。

それに対して、ナスダックの動きは堅調で、昨日も一時11829まで上げ、連日の高値更新となっています。

8/14の記事で、ナスダックの200日線との乖離は+20%超えで、約11年ぶりの高水準と書いたのですが、そこから上げが継続したことで、同線との乖離はさらに拡大。

ナスダックの200日線との乖離は+20%超えで、約11年ぶりの高水準
...

昨日の時点で200日線(昨日の時点で9308.64)との乖離は26.5%まで拡がっています。

その前に同線との乖離が25%以上となったのは、2009年9月16日なので、約11年ぶりの高水準となります。

なお、2009年9月16日のピークは25.9%なので、今の水準はその時よりも上になっています。

これをみると、さすがにそろそろという感じもします。

しかし、今は勢いがついている状況にあるので、ここからさらに上値を追う展開になるかもしれません。

勢いがどこまで継続するのか見極めるのは難しいのですが、けっこう高い水準まで買い上げられてきているのは事実です。

従来から9月はやや注意が必要な月になるのではないかとみているので、場合によってはそろそろ動きが止まることになるかもしれません。

≪GMOクリック証券≫操作性・機能性に優れた使いやすいと好評の無料取引ツールが充実!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ナスダック

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

シェアする
フォローする
相場の上にも20年