スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経平均は5日ぶりに反落。23000円の大台抜けを前に、一旦スピード調整を入れる動きか?

日経平均チャート 日経平均
スポンサーリンク

前日の米国市場でs&p500が5カ月ぶりの高値を付けたほか、ドル円が112円台後半と円安基調を維持した事などを背景に朝方は買いが先行。

日経平均は22871円で寄り付き、70円程度高い水準でスタート。

その後、10時46分に22926円まで上昇。

昨日の日中高値22949円に近付く場面もありました。

ただそこからは上値が重くなり、戻りに押される展開に。

後場に入るとマイナス圏内に落ち込み、13時16分に22761円まで下落しました。

その後再度戻す場面もあったのですが、結局、▲29円の22764円で終了。

5日ぶりに反落となりました。

売買代金は今日も盛り上がりに欠け、前日並みの2.1兆円台でした。

スポンサーリンク

ここから3日程度(今日を含めて)短期調整を入れ、以降、大台抜けを目指す展開が理想か?

今日の日経平均は寄り値よりも引け値が安かったので、陰線での引けとなりました。

日足は昨日も陰線だったので、2日続けて陰線が並びに。

21462(7/5)から昨日まで、戻り方向の動きが続いていたのですが、今日はその動きが止まる形になりました。

21462(7/5)の安値から昨日の高値22949円まで、9日間(両端入れ)で1487円上げてきており、短期的には上げのピッチが早かったので、23000円の大台を前にして一旦スピード調整となってきたのではないかと考えます。

 

理想としては、23000円の大台を前に、ここから3日程度(今日を含めて)短期調整を入れる。

で、7/17の記事「来週以降、日経平均は23000円の大台抜けを目指す展開となるか」でも書いたように、決算発表が本格化する来週後半以降、上げ波動が再開。

そこから、23000円抜けを目指す展開になる、という展開が理想ではないかと考えます。

なお、23000円は、23050(5/21)と23011(6/12)で2回トライしたものの、抜け切れずに反落となった所で、市場の注目が高いラインになると思われます。

注目が高いラインを上に抜けてきた場合、買い戻しの動きに拍車がかかるなど、戻りに勢いがつく可能性があります。

よって、現状では来週以降、23000円の大台を突破し、以降はサマーラリーに突入する、という展開を想定しております。

◆日経平均が上がると考えた場合、日経平均先物を買うという選択肢もありますが、日経平均先物を買う場合と比較して、くりっく株365の買いには①配当がつく、②取引期限がない等のメリットがあります(以下の記事ご参照)

⇒ 日経平均先物取引をするなら、くりっく株365がおススメなわけ

なお、くりっく株365では、マネックス証券くりっく株365が、手数料が最も安い証券会社となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

相場20をフォローする
相場の上にも20年