スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経平均は一時22612円まで下落し、8/24~27にかけて空けたマドは埋める

日経平均チャート 日経平均
スポンサーリンク

前日のNY市場が休場で手掛かり材料に欠ける中、日経平均は22740円で寄り付き、前日よりも30円程度高くスタートしました。

しかし、すぐにマイナスに転じ、9時18分に22612円まで下落しました。

その後は再びプラス圏に転じ直し、10時55分に22753円まで上げ、日中高値をつけたものの、買いの勢いは続かず、最終的に▲10円の22696円で終了となりました。

今日は、米中貿易摩擦や新興国情勢が心理的な重しとなる一方、下値で売る動きも限定的で、

朝方から方向感なく推移したという1日でした。

今日下落となったことで、日経平均は3日続落。

売買代金は1.8兆円台で、前日に続き、2兆円には届かずでした。

スポンサーリンク

明日以降、今日の安値を割れずに踏みとどまれるのか、また、売買代金は盛り返せるのか

昨日の記事「日経平均は続落だが、目先的には22602~22682円で空けたマドを完全に埋めずに反発してくるかがポイント」で、8/24~27にかけて空けたマド(22602~22682円)を完全に埋めずに戻れるかという事を書いたのですが、今日は22612円まで下落したので、ほぼマドは埋めてくるという動きになりました。

マドを埋めずに反転する事はできなかったのですが、22612円で下げ渋り、切り返してきたので、取り敢えず、23032(8/30)の戻り高値から一旦調整する動きが続いていると見る事もできます。

一旦調整する動きであれば、それほど間を置かず、再び23000円の大台抜けを試す可能性がありますが、仮に明日以降、22602円よりも下に行き、マドを完全に埋めてしまうと、再び大台抜けを試すのは先延ばしになる可能性もあります。

なお、先週の木曜日に売買代金が2.6兆円台、金曜日に2.4兆円台となり、先週後半にかけて商いが盛り上がる兆しが出てきていたのですが、昨日は1.7兆円台、今日が1.8兆円台と、再び商いが低迷する感じとなっています。

この原因がNY市場の休場にあれば、休み明けとなる明日以降、再度盛り返す感じになると思われるのですが、これがまた2兆円を割れるような動きとなると、先週後半の動きは一時的なものだったという事になります。

大台抜けには、商いの増加は必須なので、明日以降、売買代金は盛り返せるのか、また、今日の安値を割れずに踏みとどまれるのか等という点が、目先の焦点になるかと考えます。

無料の株管理アプリ『マイトレード』

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

相場20をフォローする
相場の上にも20年