スポンサーリンク
スポンサーリンク

今週は日経平均の下値を見極める局面になると考える

日経平均チャート日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

前週末の米国株が急落したことを受け、朝方からリスク回避ムードが強く、日経平均は21319円で寄り付き、300円以上下げてスタート。

その後、9時35分に21169円まで下げて、11/21のザラ場安値21243円を割り込み、一時、下げ幅は500円を超えました。

ただ、そこから売り込む動きは限られ、安値圏で一進一退となるかたちに。

大引けは▲459円の21219円で終了となりました。

売買代金は前日よりも減少して2.2兆円台でした。

なお、先週金曜日の日中安値が21506円に対して、今日の同高値は21365円だったので、前日よりも140円程度マドを空けて下げる形になりました。

また、今日は21169円まで下げたので、10/26につけた安値20971円にあと200円程度に迫る場面も見られました。

スポンサーリンク


日経平均PERは、とうとう12倍割れとなる

今日の日経平均は11/21の引け値21507円、およびザラバ安値21243円を下回って引けました。

これにより、10/26につけた安値20971円をいずれ割り込んでくる可能性が高くなりました。

なお、今日の段階で日経平均EPS(1株当たり利益)は1777円で、日経平均PERは11.94倍まで低下。

直近における最低水準は12/6につけた12.09倍だったのですが、この水準を下回り、とうとう日経平均PERは11倍まで落ちてくる形になりました。

日経平均PERのフェアバリュー(適正価値)は14~16倍なので、割安感が更に強まる形になっていますが、

12/6の記事でも書いたように、24448(10/2)の高値からの調整波動が終了していないため、割安圏が強まってはいるものの、まだ下げは止まらないと思われます。

日経平均PERは今年つけた最低水準を更新で、割安感は強まっているが‥‥
...

その他、12/7の記事で、20971(10/26)の安値を割れた所で目先底入れとなる可能性が高くなるのでは、という記事を書いたのですが、前述したように今日、11/21の安値を割れたので、20971(10/26)の安値を割り込んでくる可能性は高いと考えます。

来週以降、20971円の安値を割れた所で目先底入れとなる可能性が高くなるのではないか
...

なお、今週、安値割れとなる展開を想定しているので、ここからは日経平均の下値を見極めていく所になると考えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

フォローする
相場の上にも20年