スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経平均は約2か月ぶりに安値を更新

日経平均チャート 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

今日の日経平均は21107円で寄り付き、前日水準でスタートした後、21000円の大台を割り込み、9時30分に20880円まで下落。

10/26の安値20971円を下回りました。

新規上場のソフトバンクが公開価格を割り込み、下値を模索したことも投資家心理を冷やしました。

ただ、それ以上売り込む動きにはならず、10時39分には21168円まで上昇。

一時はプラス圏内に戻る場面もありました。

それ以降は再度マイナス圏に下げる動きとなり、▲127円の20987円で終了。

日経平均は続落で、約2か月ぶりに21000円の大台を割れる形になりました。

売買代金は前日よりも増加して2.8兆円台でした。

スポンサーリンク

安値割れでここから更に安値を広げていく形になるのか、それとも、更に売られる形にはならずに反転となるのか?

12/17の記事で、「20971(10/26)の安値を割り込んでくるのは、今週中にも到来すると考えている」と書いたのですが、本日、同安値を下回ってきました。

今日は反発となったが、10月安値を割り込む局面は、早ければ今週中にも到来すると考える
...

ただ、安値割れとなったものの、一段と売り込んでくるような動きにはなりませんでした。

なお、本日の下げで、日経平均PERも11.73倍まで低下し、昨日に続き、今年の最低水準を更新しました。

新安値銘柄も692で、昨日の723まではいかなかったものの、比較的高水準を維持する形となりました。

本日、安値更新となったことで、この下げがどこまでいくのか、という点が当面の焦点となります。

現状では、12/14の記事で書いた、20000~20500円あたりを一つの下値メドとして考えています。

日経平均の今回の調整局面の下値は、20000~20500円あたりとなるか?
...

ただ、ここまでの下げ方を見ていると、安値割れで底抜けになるという動きではなく、比較的落ち着いた動きになっているような感じもします。

となると、あまり大きくは下げずに一旦反転に転じるというパターンも考えられなくはないです。

ここから更に安値を広げていく形になるのか、それとも、更に売られる形にはならずに反転となるのか、現時点ではちょっと判断しづらい所になります。

なお、先物の売りもけっこう嵩んできている状況にあるので、どこかで反転に転じる局面があると思います。

それが間もなく到来するのか、それとも、ここから更に下に行った所でその局面は到来するのか?

正直、判断しづらい所になるので、もうしばらく、動向を見て行く必要があるかと考えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

フォローする
相場の上にも20年