スポンサーリンク
スポンサーリンク

日経平均は3日ぶりに反落で、スピード調整での下げとなる

日経平均チャート 日経平均
出所:SBI証券
スポンサーリンク

本日は前日のNY高を受けて、日経平均は21487円で寄り付き、小幅高で開始。

その後、9時18分に21497円まで上げ、前日の日中高値21491円を6円ほど上に行きました。

しかし、21500円は超えられずに徐々に失速するかたちに。

そこからは、円強含み歩調とともに、トランプ米大統領がイランに対する軍事攻撃を一時承認していたとの報道をきっかけに一段安の展開となり、14時26分には21221円まで下落しました。

大引けにかけても戻りは鈍く、▲204円の21258円で終了。

日経平均は3日ぶりに下落となりました。

本日は下落となりましたが、商いは増加。

売買代金は2.7兆円台で、久しぶりにそこそこの水準となりました。

スポンサーリンク

場合によっては6/18~19にかけて空けたマドを埋めてくるかもしれないが……

今日の時点で、75日線は21428円となるのですが、ここが目先の壁となり、一旦押し戻される形になりました。

一目均衡表の雲の上限も21557円にあるので、21400~21600円あたりが一つの壁になっているような感じです。

なお、今日の日足の形状は、前日の小陽線を陰線で包み込むような形になっているため、形状としてはあまり良い形とは言えません。

ただ、昨日の記事でも書いたように、20289(6/4)からの戻りは5/20につけた21430円を超えてきたので、波動的には22362(4/24)からの調整は20289(6/4)で終了となった可能性が高いと見ています。

FOMCの結果をうけて上げに弾み。この流れはサマーラリーにつながり、当面の間は上げ優位の展開が続くか
...

よって、本日200円近く下げてはいますが、ここでの下落は、あくまでもスピード調整での下げになるのではないかと考えます。

なお、本日の下落で、一昨日から昨日にかけて空けたマド(21358~21377円)を埋め、また、5日線の水準(今日の時点で21230円)に接近する形になりました。

スピード調整であればここで終わってもおかしくないのですが、6/18~19にかけてもマドを空けている(21153~21213円)ので、場合によってはもうひと押しし、当該マドを埋めてくる動きになるかもしれません。

ただ、いずれの場合にしても、トレンドを変えるような下げにはならず、あくまでも超短期の調整になると考えます。

サクソバンク証券
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日経平均

関連コンテンツ

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 相場観へ

フォローする
相場の上にも20年